(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

『TOKYO TRIBE』で清野菜名のパンチラ三昧


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20200217151240j:plain

TOKYO TRIBE』を観ました。

何年か前、DVD化された頃に一度観ているんですが、清野菜名ちゃんを見たくて。

彼女がこの作品のヒロインでブレイクしたことを最近知りました。前にも観てたのに気がつかなかった;;

 

ストーリーはこんな感じです。

 

数多くのトライブ(族)がひしめき、それぞれが自分たちの暮らす街を暴力で牛耳る近未来のトーキョー。ブクロWU-RONZを率いるメラ(鈴木亮平)は、何かと敵視していたムサシノSARUのメンバーである海(YOUNG DAIS)と衝突する。そして、それが引き金となって、シンヂュクHANDS、ブッバ家や怪しげな者たちを巻き込んだ一大抗争が勃発してしまう。トーキョーの各地で暴力が吹き荒れるが、その一方でさまざまな愛と友情をめぐるドラマも交錯していく。(シネマトゥデイより)

 

2014年公開、監督・園子温の世界初ラップバトル・ムービーと銘打った同作は全編ラップのミュージカル仕立てという、ややしんどい縛りの中で繰り広げられる血みどろのアクションが素晴らしい作品だ。独特のB急級っぽいテイストが個人的には好きだ。昔からの園子温ファンには不評だったらしいが。

 

その中でも存在感が光るのが悪役を演じた鈴木亮平。ブーメランパンツの半裸姿で暴れまわる姿が滅茶滅茶カッコいい。拘置所でしおしおになっている佐野文吾役とのギャップが妙におかしい。

 

もちろん、清野菜名ちゃんもキレッキレのアクションで敵をバタバタと倒していく姿も痛快だ。これでもかというほどパンツ丸出しのカットが多く、そのお得感たるやハンパないのだ。ミスパンダはスカートじゃないもんなあ。んで、すっかり忘れていたんだけど彼女、この作品ではフルヌードまで披露していたのだ。まさに眼福。

悪の親玉役の竹内力なんかも素晴らしいのだが、清野ちゃんのパンツだけで大満足な作品なのだった。

 

クソみたいなレビューですみません。