(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

タイがタイヘンです


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20200314220922j:plain

バンコクに来ました。

お昼にGolden beach hotelをチェックアウトし、Bell Travelのお迎えでバンコク行きのバスに乗りました。

僕は早朝などに移動するときはほとんどBell Travelを使っています。

だから、街中からバス乗り場までどうやって行ったらいいのか、いまだによくわかっていません。

バンコク行きのバスも空いていました。いつもはバンコクへ直行していたと思うんですが、スワンナプームを経由していました。

ほとんどの人がスワンナプームで降り、終点までいたのは10人足らずでした。

 

 

夜を待ってナナプラザへ出撃します。

入り口で検温がありました。消毒液も置いてありましたが、みんなスルーしてました。

ナナもなんか人が少ないです。

バービアにはポツポツ人がいますが、歩いて店を物色している人が少ない。

ここもウォーキングみたいにキャッチのほうが多く感じます。

 

以前にも書いたかもしれませんが、ナナの一軒目は『Rainbow4』か『Loli pop』に行くのがいつものコース。

 

ウォーミングアップなんでわりと放っておいてくれる店をチョイスしたいところなんですが、『Loli pop』は知っているコがたまにいるので、最近は『Rainbow4』に行くことのほうが多いです。

なぜだかわかりませんが、この店はかなりの回数行っているにも関わらず、まったくハマりません。

この店は僕がブラック企業勤務でタイに来ていない間に、いつの間にか場所を移っていました。昔『G-Spot』があった場所ですね。

移動に伴って2ステージだった店の内装が1ステージになりました。これは気に入っています。やっぱりレインボーは1ステージどかんとある作りでないと。

 

ステージ上の女のコは十数名。二交代制です。ちょっと少なめでしょうか。移転してから来るのはまだ2度目なので、ふだんがどんなものかわかりません。

女のコのレベルは、『Rainbow4』だなあ、というレベル。可も不可もないコが多いです。

一人、めっちゃキレイなコがいますが、人造人間の香りがします。

気になったのは、明らかに太古のギャルな感じのひとが二人ほどいたこと。『Rainbow2』あたりだと時々いますが、ここではあまり見た記憶がない。

太古のギャルはさかんいアピってきましたが、気づかないふりをしました。

小一時間かけてビール1本を空けて店を出ました。

 

 

相変わらずビールが美味しくないです。

あんまりあちこち回る気にもなれず、『Rainbow3』へ。

ここはもう、まったくいつもの感じです。〝いつもの席〟に案内され、いつものハイネケン。顔見知りのウェイトレスが次々にやってきて、乾杯します。

伝票入れに伝票がみるみる溜まっていく。これもいつものパターン。

しかし、寄ってくるのはオバちゃんばかり。顔見知りの女のコはいません(涙)

 

唯一、年末に知り合った黒豹のような貫禄のあるコはいませんでした。

店が暇だから田舎へ帰っているみたいです。

 

この店はパッと見はいつもと変わらないように見えます。女のコもステージ上に10人以上いるし。

昔の悲惨だったころと比べるとかなり良くなりました。

しかし、ママによると「もしかしたら月曜に消毒が入るからナナプラザ全体が閉まるかも」なんて言っています。

 

 

隣の席ではファランが女のコを二人侍らせてよろしくやっています。

お酒もいい感じに入っているようで、女のコもノリノリです。

f:id:tbrazil:20200314235957j:plain


代わる代わるファランにまたがって腰を振っています。ほぼペッティング状態。

横目で見つつも、いちおう知らん顔をして飲んでいました。

隣の女のコ二人は、一人がファランのお気にでもう一人はその友達のようです。

やがて、ファランはお気にのコをペイバーして一緒に出て行ってしまいました。

 

残された友達のほうは酔っぱらったのか、ソファーでぐったり横になっています。

何気なく見ていたら、目が合ってしまいました。

キラリ、と目を光らせ、ソファーの上を匍匐前進でにじりよってきます。

お前は貞子か。

顔をよく見るとなかなかそそる感じのB級美人です。

キレイだけど、安い。2時間ドラマだと序盤で殺されちゃうタイプ。

 

ノリノリでソファーの上でポーズなんてとってくれています。頼んでもいないのに。

思いっきりお尻を向けられているんだけど、お尻がキレイなんですよねえ。

思わずTバックの一番細くなっているところをツンツンと押してみたり。

すると、嫌がるどころか逆に硬い部分を押し付けてきます。

そんなことをしているうちにどうやら気持ちよくなってきちゃったらしい。

 

彼女はいきなりソファーから起き上がると、僕の膝の上に跨り、手をつかむと自分のパンツの中に突っ込みました。

久しぶりにAVばりの手マ○をする羽目に。

知り合いだらけの店なので、見られていないかとひやひやしながら。

それだけでお腹いっぱいになって帰ってしまいました。

 

追記:18日付でバンコク市内の遊戯施設が3月末まで閉鎖というニュースが入っています。詳細がわかりましたら追ってお伝えします。