(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

憧憬のシンガポール・ナイト(続き)


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20200605155811j:plain

かおさん♪


シンガポールでの一夜から2か月ほどが過ぎました。

翌朝、真っ暗闇の中で目が覚めました。

シングルサイズのベッドの上にはもちろん気配はありません。

四苦八苦してようやく天井の灯りのスイッチを見つけ出します。

やはりナンは帰ったあとでした。

 

その後、僕は気ままに旅を続け、ようやくタイに戻ってきました。

中東などハードな場所をずっと旅をしていたので、そろそろ骨休めがしたいという気分。

せっかくなのでタイで1週間ぐらい遊んでから日本へ帰ろうと思っていました。

 

カオサンに宿を取り、パッポンへ足を延ばしてみます。

ナナやソイカは遠いんで、たまにはパッポンもいいかと。

生き馬の目を抜くパッポンで、たまには痛い目に合うのも悪くないです。

 

キングス系の一軒の店に入ると、なんといきなりナンと鉢合わせしました。

お立ち台の一番目立つ場所で、踊っている彼女の姿が目に飛び込んできました。

「マジか!」これを運命の再会と言わずして、なんといえば。

 

ナンはといえば、とくに驚いている様子もなく、ただ微笑んでいました。

これはいかに腰の重い僕でも即ペイバーの流れです。

 

季節は11月。ロイカトンの季節でした。

タイの灯籠流しみたいなやつです。

ペイバーしたナンを連れてヤワラーの方へ。

店で灯籠を買って、へんな溜め池みたいな汚い池に流しに行きました。

むっちゃ人はいるわ、溜め池は水が流れていないわでしたが、

まあ、風情ってやつです。

ムードはだいじ。

 

その後、カオサンへ行って二人で飲みました。

その後も3日ほどナンと一緒に過ごしました。

次の日は彼女のキングスでの〝妹分〟を紹介され、

その彼氏だという怪しいファランを加えて4人でWデート。

もちろん毎晩やることをやります。

 

しかし、残念なことにナンは非常にシャイで、

やることをやるときはいつも真っ暗闇の中でした。

 

やったんだかやってないんだかよくわからないうちに、

いつも終了。

 

〝電気はつける派〟の僕としてはけっして本意なえっちではありませんでしたが。

彼女が恥ずかしがるんだもん、仕方がないです。

さて、もうオチはわかってしまったのではないでしょうか。

 

 

数年後、このとき撮ったナンのスナップを見てふと、すべてが腑に落ちたのです。

「こいつ、男じゃん」

 

ちゃんちゃん♪