MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

僕とPin-up嬢との日々。(5)LINE奇談


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20201203191319j:plain

携帯が古いなw (『着信アリ』より)

 

 

元Pin-up嬢とは相変わらずLINEでのやりとりが続いています。

ほぼ毎日です。「おはよう」とか「おやすみ」とか、挨拶がほとんど。

ときどき「あなたがいなくて寂しい」とくるので、「僕もあなたがいなくて寂しいです」と返します。まあ、礼儀として。昔だったら、こういうの、ガン無視していたんですけどw

よく「今日本は何時ですか?」と聞いてきます。時差2時間というのが理解できないみたいです。頭、悪いのかな。

 

そんな感じで緩くて浅いやりとりがほとんどなんですけど、たまにスイッチが入るとマシンガンのようにメッセージを浴びせてきます。そう、お金の無心をするときです。

 

 

昨夜もひと悶着ありました。携帯が壊れている、というフリから話は始まりました。

あれ、たしか直したんじゃなかったっけ?と思いましたが、面倒なのでそこはツッコみません。

「新しい携帯が必要です。しかし支払いが多くてお金がありません」

買ってくれとは言わないところがなかなか狡猾です。こちらが「じゃあお金を送るよ」と自発的に言い出すのを待っているのです。当然僕はスルーします。

「新しい携帯が買えるように頑張ってください」

それでも彼女はめげません。

「必要なものを支払うと私にはお金がありません」

だからー。

「お金がないときは我慢しなければなりません」

それでも、まだ食い下がってきます。さすがに新品はあきらめたのか、

「私にはお金がないので中古品を買うこともできません」「1500とか2000」

「私にはお金がありません」

と、たたみかけてきます。さらに、

「携帯がこわれたらあなたと連絡が取れません」

と送ってきたのでこちらも、

「寂しいけど仕方がありません」と、返します。

1000や2000ぐらい出しちゃったほうが話は早いのですが、ここで折れると何か大きなものを失ってしまう気がするので、僕も意地になってます。

すると、

「お金がありません」

「あなたと連絡が取れない、寂しい」

「私にはお金がありません」

壊れたテープレコーダーのようになってしまいました。

それにしても、もう少しボキャブラリーなんとかならんか。日本語なら仕方ないけど、原文はタイ語ですからね。

キリがないので、無視して寝ることにしました。彼女もあきらめたようで、やがてプッツリとメッセージを送って来なくなりました。

 

しばらくしてLINEを見返してみると、彼女のメッセージのうちカネの催促にまつわる部分だけメッセージが消されています。

前もあったんだよなあ、これ。何だか彼女の意思とは関係なのない〝何か〟がメッセージを送って来たみたいで気持ち悪いです。実際別人みたいだしなあ。

翌日、彼女にそのことを聞いてみると、「携帯が壊れているから」といいます。

携帯が壊れていて、そんなこと起こるんでしょうか。

だって、それ以外のやりとりは残っているんですよ?

何か、怖いんですけどww

 

f:id:tbrazil:20201203191002p:plain

ふだんのやりとりはこんな感じなんですが……

 

f:id:tbrazil:20201203191045j:plain

カネの催促をした部分だけがこんなことに……((((;゚Д゚))))