MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【悲報】サミティベート病院からのメール


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20201205182029j:plain

イメージ画像は今回も深田チャンで(本文とは関係ありません)

 

 

今、無理くりタイに行くとしたら、どれだけのカネと時間がかかるのか。

先日、本気で調べたところ、費用はざっくり80万円ほど(遊び代除く)、時間は現地2週間滞在として、行き返りの隔離期間14日間×2で6週間かかることがわかりました。

この80万円という金額は透析費用込みなので、フツーの人ならもっと安くなるはずです。

 

ただ、隔離期間に透析ができるのかというところがわかりませんでした。

隔離のためのホテル滞在は缶詰にされるわけですから、透析のために外出できるとは思えません。

タイ大使館に聞いても返事だけは早いんだけど、治療用ビザを取れば?という非常にテキトーな返事しかもらえず。

そんなわけで、直接バンコクのサミティベート病院へ問い合わせてみました。

日本語でも対応してくれる駐在員御用達のお高そうな病院です。

お高そうなだけあって、非常にていねいなお返事をいただきました。

 

治療のためのVISAにつきましてご返信させて頂きます。

現在の保健省および院内ガイドラインにより、隔離検疫中は院内のお部屋から出ることはできません。つまり隔離検疫後の治療予約となり透析治療も15日目以降となります。

当院の透析センターの責任者に確認致しましたところ、現在日本からの透析患者様は隔離期間中は受入れ不可とのことでございます。心苦しい限りですが、ご理解ご了承のほど、お願い申し上げます。

なお、お受入れはできかねますが、お問合せいただいた費用についてご返答申し上げます。当院での医療のための入国規定に関しましては、添付のインストラクション(英語)をご参考ください。

当院の隔離検疫パッケージは、1名様15日間の病院隔離で費用は55,000バーツでございます。(ルームサービス、お食事1日3回、検温1日2回、COVID-19 検査3回含む)

 

う~ん、やっぱり病院でも隔離期間中は透析してもらえないんですね。

ってことは隔離期間がなくなるまで、僕はタイには行けないということに……。

ショックです。80万円払ってまで行くかどうかは微妙だったけど……。

でも、病院の隔離パッケージは割と普通のお値段ですね。

隔離期間1週間ぐらいなら考えてみる?

でも透析1週間しなかったらどうなるんだろうw