MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

春NANA08’   ~08’年4月23日の日記より~


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20210203182030j:plain

The Pink Panther』(facebookより)NANAじゃないけど。

 

 

 

久しぶりのゴーゴー日記です。もうストックが僅かなんで、小出しにしてます。

ネタが尽きる前にタイに行きたいなあ。

 

朝:ミートボールスパゲティ、ビール350ml@中華航空機内食
昼:担仔麺@台北空港のフードコート
夕:揚げ白身魚のあんかけ&ごはん、ビール500ml@KLM機内食
夜:おつまみ少々、ビールたくさん


朝6時起きで成田空港、9時40分発の中華航空にて12時30分(現地時間)台北着。
乗客の大半がこのあとの中華航空バンコク行きの利用らしく、
トランジットのゲートを経て上の出発階へと進んでいきました。
僕も乗り継ぎなのですが、みなさんと一緒に上の階へ行くことは出来ませんでした。
それは、トランジットのゲートへ入って行くには乗り継ぎの航空券がなければいけないのに、
僕はここ台北までの航空券しか持っていなかったんです。
だって成田でそれしかくれなかったんだもの。
カウンターへ行って聞いてみたら、僕の台北バンコクのチケットはオランダ航空であることが判明しました。
そういえばそうだった。今回のチケットはマイルの特典旅行チケットだったのですが、
例によって空席がなくて無理な乗り継ぎスケジュールになっちゃってたのを忘れておりました。
オランダ航空は19時30分発。7時間ほどターミナル内を徘徊したり、ごはんを食べたり、隅っこのほうのソファで寝たりして過ごしました。
待ち時間が大変かと思って、暇つぶし道具は多めにそろえてきたのですが、ぜんぜん大丈夫でした。
横になれるソファがあるのは長時間のトランジットにはポイント高いですね。
硬いパイプ椅子をつなげたりして夜明かしするのに較べたら楽勝です♪


バンコク着は22時ぐらい。時差もあるので家を出てから17時間かかっております。
いつもの夕方便だと家を出るのは午後3時すぎでバンコク着は夜中の12時ぐらい。
だいたい第一夜は飲みに出られないことも多いので、夜の時間を有効に使えるという点では乗り継ぎも悪くないです。
本来の乗り継ぎだったら、こんなに時間かかってないし。
もっとも今日の昼間、株をやれなかったせいでけっこうな額を儲けそこなってますけど(TT)


ナナへの出陣は23時すぎ。
お土産を大量に抱えているため他には寄れません。
『RAINBOW3』へ直行です。
お土産問題としては、みんながああだこうだ言い出すので、今回は手提げの紙袋二つぶんになっちゃいました。
ビッグファット・ママには瓶入りの芋焼酎
これは女のコにはひどく不評なんですが、ママにはアルコール度数重視でないと。
ミス・レジスターには浴衣を。
高価なものではないんですが、空港とかで売ってるペラペラの着物でもナニかなあと思ったので、
兵児帯と下着&小物もそろえたフルセットで。……ええ、ちゃんと着るのは不可能だと思います。僕にもわかりませんし(笑)
他にウェイトレスのノイにはカップ味噌汁を数個、
あと、その他大勢用に70個入りのチョコレートの詰め合わせを買ってきたんですが、こちらはウェイトレスのゴイががめてしまったらしい。
で、しばし再開を喜んだあとはお決まりの飲みで。お会計も初日そうそうえらいことになりました。


1時のクローズまで居て、そのあとご飯を食べに行こうということになり。
ミス・レジスターは『スキヤキ』だという近所の屋台へ5〜6人で。
道端にゴザが敷いてあって、炭火をおこした七輪的なものの上にたしかに土鍋が乗っかっています。
その中に溶き卵にくぐらせた肉や野菜を投入していくんてすが。

……このクソ暑いのになぜ火を焚くか。しかも炭火で(怒)

僕はすでにおなかがいっぱいだったので一口、二口しかいただきませんでした。
水炊きっぽい感じ?手元の辛いタレで味をつけていただくのは確かにタイスキ風。


帰り際、ミスレジスターに「ナンを一緒に連れて帰ってあげて」と言われ(このへん酔っ払っていて定かではありませんが)。
言われるままに連れて帰っちゃいました♪

 

まだこの頃は羽振りが良かったんですねえ。訪タイ時にはR3のみんなに山のようにお土産を買って持って行ったものでした。行きの荷物がえらいことになっていた記憶があります。だいたいみんな貰いっぱなしなんですが、ミスレジスターは律儀でおそらくけっこう高価と思われるネクタイや財布などをお返しに持たせてくれるので、なんだか申し訳なくなって現在は手ぶらですw おカネもないしねw