MENU (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

はじめてP活してみたはなし (4)


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20210224171437j:plain

円山町のホテル『SULATA』(HPより)あ、ここ援デリにやられたホテルだw

 

 

P活サイトでアポった30代元看護師。仮にレイコさんとでもしておきましょうか。

先方の言うままに待ち合わせ場所を決めたものの、僕はビビッています。

彼女が待ち合わせに選んだのは渋谷・道玄坂モスバーガー前。つまり道玄坂のホテル街から徒歩3分というロケーションなのです。

あのへんのマンションの一室にあるデリヘルの事務所からは徒歩3分以内という便の良さ。やはりすっぽかされる可能性がある待ち合わせは、根城から近いほうが便利です。

そんなわけで前回よりもはるかに援デリ疑惑が濃厚になってます。

〝大人あり〟ってのも明言してますしね。

 

しかし、今日は顔合わせだけの約束です。1はデカイけど、援デリかどうか見極めてそうだったら速やかに退散すればいいんです。1はデカイけど3いかれるよりはまし。

そう考えると気がラクになってきました。約束の30分前には待ち合わせ場所の近所にスタンバっています。ややコミュ下手なので仕事でもプライベートでも初対面のときは最低でも30分前には現場に着いてシミュレーションする習性です。

 

早く着いたので余裕をぶっこいていると、約束の15分前にメッセージが。

「着いた」

な、なに~ッ、先週のナツキさんといい、PJって時間に正確すぎじゃね?

でも、先に待ち合わせ場所に立たせて遠くでチェックするというのが援デリの定石ですから、そういう意味では援デリリスクが少し減ったことになります。

 

あわてて待ち合わせ場所へ。ここってそもそも待ち合わせするような場所ではないので、待っているやつって一目で分かっちゃうんだよな……あ、いたいた。

待ち合わせ場所に立っていたのはボアのついたブルゾンにスパッツ姿の小柄な女性でした。写真よりは地味ですが、おそらく写真と同一人物です。

服装的にはなんか援デリっぽいんですけど……とりあえず声をかけます。

レイコさんも僕が事前に服装を送っているので相手だということがわかったようです。

近くの喫茶店へ入ります。

 

「実は業者じゃないかと思ったんですよ。待ち合わせ場所がそれっぽいから」

担当直入に言うと彼女は待ち合わせ場所チョイスの理由を教えてくれました。

「渋谷でも店ってこのへんしか知らないんですよ。この近くだったら、一軒が満員でもまだ二~三軒は知ってるところがあるから」

なるほど。ちなみにもしホテルに入ることになっても、このあたりのホテルならどこがいいかだいたい分かるんだそうです。

P活歴長そうですが、そのへんを尋ねても濁されてしまいます。最近は全然やっていないとの一点張りです。

サイトでのやりとりはわりと多いそうなのですが、なぜか地方の人が多くて実際に会うまではなかなかいかないのだとか。また、彼女、人妻であるうえに仕事もしているそうなので、会える時間もかなり限られるみたいです。

「あと、ホントにご飯だけって人もいたんですよ。その人はこっちから断っちゃいました。だって、それだけじゃつまらないでしょ♡」

そんな艶っぽいことも仰います。必ずしもお金だけが目的ではないのだそうです。

これはなかなか良い相手かも知れません。

1時間ほど話して次回の約束を取り付けてからバイバイしました。

いや、なかなかいいかも知れない、P活。

今回のレイコさんも次回以降の展開に期待、といったところです。ただしこちらは次回は〝大人〟確定。そういえば僕、EDだったけど大丈夫かな。