MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 ナナプラザ心中


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20200315214114j:plain

レインボー2

 

 

 

昔の事件のお話です。当時、日本国内でも報じられたので記憶にある方も多いかも。

厳密には〝ナナ・コンド心中〟なんですけど、タイトルは分かりやすくw

 

08年5月23日。ナナプラザから2~300mほどの路地の奥にある〝ナナ・コンド〟から全裸の日本人男性が飛び降りて死亡しました。

男が飛び降りた5階の部屋を調べると、若い女性の遺体を発見。室内には激しく争った形跡がありました。また二人以外に部屋を出入りした人間も目撃されてないことから、口論の末に女性を殺してしまった日本人男性が、犯行を悔いて自殺したものと見られています。

 

女性は〝ビウ〟というナナプラザのレインボー2で働くムクダハーン出身の25歳。日本人男性・A氏は同店の常連客で長崎県出身の31歳。数年前からビウに会うためによく訪タイしていたようです。

 

ビウの友人の証言によると、前夜の3:00~4:00ごろ、ビウと彼女が帰宅すると、エレベーターホール付近で酒に酔ったA氏がビウの帰りを待ち伏せていたそうです。

そのとき、ビウと友人も酒に酔っていたので、A氏は今までどこに行っていたのか、と問い詰めました。そして二人は一緒にエレベーターに乗って部屋に帰って行ったのですが、そのときは険悪な雰囲気はなかった、と友人は証言しています。

 

事件が起きたのは昼下がり。激しい物音に気付いた近隣の住人が管理人室に通報したことが発端でした。

管理人が部屋へ駆け付けるとA氏が逃げ出そうとしており、ベッドには頭から血を流して倒れているビウの姿があったそうです。ベッドの横の壁には血がべっとりとついていました。

A氏が管理人に語ったところによると、仕事に出かけようとしたビウをA氏が「行くな!」と止めたことから口論になり、A氏がビウを殴った拍子に壁に頭を打ち付けて亡くなってしまったということでした。

管理人が警察に通報している隙に、A氏は発作的に窓から飛び降りてしまったといいます。

管理人さんは「どうしてあんなにいいコが!」と嘆いていたそうです。

f:id:tbrazil:20210327184301j:plain

ナナ・コンド(奥の建物)

レインボー2の従業員によると、「ビウは日本語が上手で性格も良かった。客とのトラブルもなかったと思う」とのこと。小柄で日本人客から人気があったそうです。

ビウのふだんの暮らしぶりは慎ましく、毎月実家に5千バーツの仕送りをしていたそうです。

 

現場となったナナ・コンドはナナプラザから徒歩5分ほどにある築20年ほど(当時)のコンドミニアムで1か月の家賃は35㎡で1万バーツほど。ナナのゴゴ嬢たちが2~3人でシェアしているケースも多いそうです。R3のミス・レジスターも一時期ここに住んでいました。

 

事件から3か月ほど経ってから、R2の女のコに話を聞いたことがありますが、亡くなったビウは本当にいいコだったそうです。そしてA氏に関してはあまり印象になかったとのことでした。

 

5年間もの間、1人のお気にに入れあげ続けるというのは普通に考えて相当な熱量だと思います。っていうか、5年もあったらもっといろいろ進展してもいいのでは?なんてふうにも考えてしまうのです。

もしかしたら、彼女のほうはA氏に対してそれほどの感情はなかったのかも知れません。だからこそ5年間も客だったのではないでしょうか。そして、昔も今も彼女の中でのA氏は〝客〟以上でも以下でもなかったのか、と。

この状況って、ゴーゴーではけっこうあるあるですよね。

僕にも身に覚えはあるので……悲しい事件だなあと思います。