(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

メンエスルポ (17) 続・裏オプションの女


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20210516140659j:plain



 

先日は前に1回行った〝裏オプション嬢〟のお店へ。

ホントはそんなにリピするつもりはなかったんです。でも、LINEを交換してしまいまして。それでシフトなんぞ送られてくるものだから、つい空いている日に予約を入れてしまったのでした。

高級店にはあまり行かないので営業するようなセラピに当たったことがないんです。

営業かけられるとホイホイ行ってしまいます。

 

↓前回はこちら

www.sergeant-gogo.com

 

それに気にかかっていたことも一つありまして。

実は事前に聞いた情報では〝裏オプション〟にはメンエス用語で言うところのHR、つまりホームラン級のサービスってことらしいですけど、つまりはアレです──も、あるという話だったのですが、僕が提示されたのはTKK、つまり手○○一択だったんです。もしかしたら嫌われたのかなあ、なんて少々傷ついておりました。

 

でも、ホントに嫌な客だったら営業なんてしないだろうし。

もしかしたら……そういう作戦なのかも? 

そんなわけでもう一度行きたい理由はあったのです。

 

前回と同じマンション。インタホンをならすとⅩ嬢が「いらっしゃ~い♡ 今日はありがとう~」とにこやかにお出迎えしてくれます。すでにベビードール姿です。ムチムチのバディが相変わらず眩しいです。

120分2万3千円を払ってシャワーでちゃんと身ぎれいにしてから施術開始。

指圧からオイルに入った途端に紙パンツを少しずらして足先から一気にお尻の割れ目までオイルを塗り上げます。返しでさわわっと多摩にフェザータッチ。触れるか触れないかの微妙なあんばいに電気のような快感の波が押し寄せてきます。

 

続くカエル脚でもこのフェザータッチが炸裂しまくり。こういう手技が上手いんだよなあ、このコは。スタイルもスゴイんですが、こういうところが人気なんでしょう。

 あと僕はとくに巨乳好きではないのですが、でかいおっぱいに埋もれて嫌な気分がする男はいないでしょう。

この日もデコルテからのOPIスタンプも存分に堪能させていただきました。

 

終盤戦に入り脚の間からのディープリンパからⅩ嬢、やおら僕の上に跨ります。そしてにこっと意味深に微笑むとゆっくりと腰をグラインドし始めたのです。

Ⅹ嬢の大事なところにリトルがずっぽりと……まあ、パンツ越しではありますが、Ⅹ嬢の体温が布一枚隔てビンビンに伝わってきてます。

本来なら大コーフンでリトルはますます張り切って……あっ、でも……なんか……負けてる?

そう、クスリでなんとか体裁を保っている僕のEDリトルはⅩ嬢の重みで潰れ気味。頑張って硬度を保とうと精神統一しっぱなしで、快感はどこへやら。

最近調子悪いなあ。不肖のリトルめ。

 

しばしうっとりとした恍惚の表情で腰を振っていたⅩ嬢でしたが、やがて添い寝体勢に移行してTKKでフィニッシュさせていただきました。結局最後は。

 

しかしⅩ嬢、彼女の手にかかると責め続けられる一方でなかなかこちらからアプロ―チする隙を与えないあたり、さすがです。今日もほとんど手出しできずに終わりました。

添い寝状態のまま、しばしおしゃべりでまったりの賢者タイム。そのまま時間終了となり、前回よりはサービスは濃厚だったもののHRの謎は解けないままに、僕は部屋をあとにしたのでした。

 

あっ、オプション料金払うのわすれた(汗)