MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

タズヤンに何が起こったか


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20210719170031j:plain

 

 

当ブログでも画像を使用するなど何度か(勝手に)お世話になっておりますが、ユーチューバーであり、『プルプルバンコク』『SEXYCULB F-1』などの経営者として有名な〝世界のタズヤン〟が突如失踪したことが波紋をよんでいます。

 

現在、タズヤンのメインチャンネルである『TAZUYAN TV』はすべての動画が削除された状態。Twitterアカウントは削除、インスタはアカウントが残っていますが、6月から更新されていません。

何よりあれだけ毎日のようにSNSやYoutubeライブを発信していた彼が、まったく音沙汰がなくなっているのです。

 

僕はタズヤンファンではありますが、それほどまめに配信等をチェックしていたわけではありません。なので正確にいつから音信がなくなったのかすら知りません。

何か、最近twitterもライブも見ないなあ、なんてのんきに思っておりましたところ、こんな感じになっておりました。

事情を調べようにももちろん、本人と直接連絡を取るような間柄ではありませんし、多少なりとも事情に詳しい知り合いもいません。なので5ちゃんや爆サイなどの掲示板から情報を得るしかないのですが、人間の悪意だけを集積したようなあの手の掲示板に書いてあることは何が本当なんだかさっぱりわかりません。

 

その中でおそらく本当なのではないかと思われるのは以下の事柄です。

 

・タズヤンは以前から一部執拗なアンチから誹謗中傷などの攻撃を受けていた。

 

・タズヤン自身がツイッターに上げた警察幹部との会食写真がアンチの手を経てタイの反政府系インフルエンサーの手によって〝贈収賄の証拠写真〟として大々的に拡散された。

 

・6月10日のライブ中に警察の手入れを受けた?

 

・反政府系インフルエンサーがタズヤンのYoutubeチャンネルのアドレスをアップした7月1日のタイミングで動画やtwitterアカウントが削除された。

 

何となく雲行きがおかしくなってきたのは5月ごろから。6月に警察が来たのもライブ用に借りたサービスアパートメントらしく、その頃のは居所を転々としていた可能性があります。『プルプル』や『F-1』がいつ閉まったのかは分かりません。新店をトンローに出すはずだったという話もありました。

 

つまり、アンチの攻撃に端を発して警察に対して気まずくなってほとぼりが冷めるまで逃げているのではないかと推測されます。周囲にいた人たちや事情を知っているであろうタイ系ユーチューバーも揃って沈黙しているのが事の大きさを物語っています。

一時は逮捕説も流れていましたが、デマでしょう。現在はプーケットにいるとか日本に帰国しているとか諸説ありますが本当のところはわかりません。

 

昨年の炎上騒ぎのときは、僕もタズヤンを冷ややかな目線で見ていた1人でした。おっさんがやたらと前に出て来るライブのスタイルにも、やや引き気味でした。

しかし、ゴーゴーバーライブや各種のライブで身体を張っている様子を見慣れるうちに、嫌いではなくなっていました。twitterのコメントにもまめにリプを返してくれるあたり、すっかりファンになっていました。コロナが明けたら『F-1』を訪れてみたいとさえ、勝手に思っていたぐらいです。

ただ、やっぱり目立つ存在なだけにアンチも多いんですよね。

前回の炎上騒ぎも発端はアンチだったとか。

嫌なら見なきゃいいのにって思うんですけど。

ともあれ、いつか復活される日を信じて待っております。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村