MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Gダイ〝最強マップ〟でひもとくナナプラザの歴史(16) 2016年


スポンサードリンク

 

『Gダイ〝最強マップ〟でひもとく』シリーズ、最終回です。

つい先日ナナプラザ特集を扱ったばかりなのでテンション上がりませんな。

ただでさえこのシリーズ人気ないのに。でも、最終回なんで。

なぜ最終回かというと『G-Diary』は16年10月で休刊となってしまったからなんですね。その後はweb媒体として残るという話だったのですが、webはちっとも更新されている気配がありません。中の人がいないんでしょうね。

 

f:id:tbrazil:20210819163158j:plain

 

すごくもやっとしているのは、元の図が小さいからです。

レイアウトがかなり変わっていて、図が小さめ、コラム大きめになっています。

コラムも従来の各店舗情報ではなく、1つのテーマで語るホントのコラムになっているので当時のお店情報もありません。でも、それはそれで面白いんですけどね。

最後のこのページの担当者は新井広大氏です。最後は何かトラブルでもあったのでしょうか、このページコラムなしという形で終わっています。

そんなわけで個々のお店情報少なめですが、見ていきましょう。

1階のラインナップは基本的には前年と変わりません。

 

『RAINBOW1』『RAINBOW2』……4に比べて客足は劣るがペイバー率は高いかも。ゴゴ嬢だけでなく、ママやスタッフも一丸となって場を盛り上げることが多いせいか。

『BANKOKBUNNIES』……ゴゴ嬢は基本猿だが隠れた原石がいることも。

『SUCKERS』……ワイワイ盛り上がりたいときに。ただしトップクラス嬢はカマ度高し。

 

f:id:tbrazil:20210819164415j:plain

 

もやっとしてるなあ。

『FAIRLY LAND』だったところが『RAINBOW4』になっているんだけど、この時期だったっけ?もとの『RAINBOW4』もそのままなんだけど。

よく見ると『RAINBOW3』も『EROTICA Chile』になってるし、単なる間違いでしょうか?この図は最終号のやつなんでいろいろ散らかっているのかな。

 

『RAINBOW4』……この時期はまたナナプラザナンバー1として復権。日本人が多い時期は早めの時間に行かないと売れっ子嬢には会えなかったようです。

『Mandalin』……一時期不調だった老舗も復活の気配。

『SPANKY’S』……変わらず人気の新興勢力。騒ぐだけならやっぱりここ。

 

f:id:tbrazil:20210819165512j:plain

 

やっぱりもやっとしてるなあ。 

3階も前年から変化なし。店名は『BUBBLES』『Charades』と変わりましたが、店の色的には前者がコヨーテ、後者がLBと前の店と変わっていないんですよね。『SUCKERS』みたいに店名だけ変わったパターンだったんでしょうか。

両店ともたぶんもう存在していないので、確かめようがないんですが。

この頃の『EROTICA』はまったり飲める店だったと新井氏は書いております。

 

さて、コラムは9月号より、ゴーゴーのアフターがテーマになっています。先にも書いた通りこの時期のコラムは各店の情報というよりはゴーゴーに関する新井氏のコラムとなっており、面白いです。ゴーゴー遊びのうえでためになる情報も多いんですよね。

 

仕事後のゴーゴー嬢に遊びに連れて行ってもらおう!(9月号)

タイ在住10年、バンコクの全てに精通してるなどという傲慢なこと は言うつもりはない。 まだまだ上澄 み。繁盛していたところも密かに業 態を変えていたり、違う店に変わっていたり、摘発うけてなくなってい たり、 新たな店が急に出来上がっていたり。 夜の店はともかく、 昼の店 でもそうなんだから、ひっそり朝ま で営業しているようなところはなおのこと。 まだタイに来たばっかりの 頃、 連れて行ってもらったところに行ってみると、更地になっていたとか、 コンドが建っていたとか、 よくある。 それ以上にびっくりするのは、その頃知り合ったような嬢が、いまだに現役バリバリで ステージで踊っていたりすること。10年以上選手である。

仕事後夜遊びに連れて行ってもらうとしたら、 バカラのデックサーブ連中か、各店に散らばった元エロチカ夜遊び隊あたりが無難なのだが、敢えて新顔でチャレン ジ! とは言っても、完全に新顔ばかりだったら、1回ぐらいベイバーしてあげないと申し訳なかったりでめんどくさいので、できれば知った顔のデックサーブ (これがめんどくさくないポイント) がいるところがいい。 となると結構限られてくる。 さらに、ダンサーに懇意の子がいないところ。 居たらさらに厄介なことになることみえみえ。 そんなわけで 『Rainbow2』に決定。お気にを作らずに遊べる店っていいなと、この時初めて思ったかもしれない。 知り合いデックサーブに手招きされ、ネギ背負った顔をしながら指し示された席に座る。 デックサーブも仕事終わったらさっさと帰ってしまうようなやつだと使えない。 朝までだって平気で遊べるぜい!ってやつをピックアップしておかなければならない。 選ぶゴーゴー娘にして もそうだ。あまりに遊び好きだと ペイバー圧力が強すぎるし、かと いって静かすぎるのも、 遊び場知 らなそうだし。 結論、 デックサーブの友達選ぶのが正解。 だがしかし、 結局仕事終わりまで待つことなく、 2人をペイバーさせられることになって撃沈。 まぁ、 ローカルなカラオケでウイスキー入れて飲んでたので、 1000バーツ 少々で済んだからいいのだが。 でも、こいつらどこで遊び場情報仕 入れるのかな?

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村