MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

RAINBOW3ものがたり(27)ゴーゴーの至福


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20220313190951j:plain

(『Erotica Playskool』twitterより)

 

 

さて、いつものタイが始まりました。

相変わらず昼間はホテルのプールでだらだらしながら読書。暗くなるといそいそとゴーゴーに出かけるというパターンです。

しかしゴーゴーが開くのは8時ぐらい、本格的に賑やかになって来るのは9時ぐらいなので、暗くなってからそれまで時間を潰すのがけっこうつらいです。

 

連れがいれば夕食に行くとかできるんですけど、いかんせん一人ぼっちです。

マッサージなんかも悪くはないけど毎日はどうなんだろうかと。

そこで、今回はジョギング用のウェアとシューズを持参しました。

これで一汗かいたらビールも旨そうだし、マッサージでも揉まれがいがあります。

 

コースはアソークのベンジャキティ公園。実は以前から目をつけていました。

ベンジャキティは池の周り1周2kmのなかなかいいコースです。

ここ、ソイ4のどんつきとつながっているんですよね。たしか以前は会社かなんかがあって通り抜けできなかったんですけど、いつの間にか通り抜けられるようになっていました。

 

ただでさえ夏だし、タイなので2周もするとかなりいい感じに汗をかけました。

こりゃあビールが旨そうです。

しかしホテルへ帰ってシャワーを浴びたらめちゃくちゃ整ってしまって、ついベッドに横になって熟睡してしまいました。昼間めっちゃ寝たんですけどね。

 

目が覚めたらすでに10時を回っていました。大急ぎでナナプラザへ。

この日はレインボーのみ攻めることにします。

4→2→1→3 何かのフォーメーションみたいですね。

1杯目のビールは予想通り美味く、しかも飲んでいるのがゴーゴーという至福を味わうことができました。

これですよ。このゴーゴーにいること自体が幸せな感じが最近なかったんだよなあ。まあ、やっていることはいつもと同じなんですけど。

 

R1では因業おばさんゴップに遭遇しました。

「久しぶり、ゴーゴー」とか言っておばさんニコニコしているけど。

あれ? 前回は気まずい別れ方していなかったっけ?

このおばさん、面白い人なんですが何かとチップを要求するので、僕がそれをいつもつっぱねてはケンカしてるんです。

それでもそんなことなかったかのように、いつも最初はニコニコしているんですよねえ。メンタルが強いのか、記憶力がないのか。

この日も案の定、チップを要求してきたので拒否したらすごい目で睨まれました。

 

そんなゴップがいるとわかっているにも関わらずこの店に来たのは、ミスレジスターがこの日出稼ぎに来ていると知っていたので覗きに来たのです。

 

キャッシャーのすぐ横の席に座らせてもらって彼女の仕事ぶりを眺めていました。

いやあ、やっぱりR1って繁盛店です。ひっきりなしに伝票が持ち込まれ、ミスレジスターはひたすら電卓を叩きつづけています。

最初こそ僕の席に挨拶に来ましたが、その後はずっとキャッシャーにこもりきりで忙しくしていました。

 

R3は暇な店ですから、ふだんの彼女はキャッシャーにいてもゴゴ嬢たちとおしゃべりをしたり、お菓子を食べたりお茶を飲んだりしながら優雅に仕事をしていたものです。

忙しい店って大変ですね。R3とR1って給料違うんだろうか。ゴゴ嬢の数は全然違うけどスタッフの数はゴゴ嬢ほどは違わないような気がするんですが。

給料同じだったらR1のスタッフもやってられないだろうな。でも、そうか。チップが全然違うのかも。だったらゴップもあんなにチップチップ言うことなかろうに。

 

でも、R3は暇だからスタッフが酔っ払ったりしてるんだろうな。他のレインボーではウェイトレスが泥酔していることってあまりないですもんね。

思わぬところでR3の良さを再確認していまいました。

これで可愛いゴゴ嬢がたくさんいれば文句ないんですけどねえ。

 

でも、この日僕は久しぶりのお気にとなるゴゴ嬢に遭遇することになるのです。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村