MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

120人乱交パーティ摘発のウラを読む


スポンサードリンク

映画『愛の渦』より



 

昨日、けっこうニュースで大々的にやっていたのでご存じの方も多いかと。

静岡で120人規模のパーティが摘発されました。

 

静岡県湖西市の宿泊施設で、120人規模の乱交パーティーを主催したとして、公然わいせつほう助の疑いで、千葉県の自称自衛官・××××容疑者(54)と同県の自称看護師・××××容疑者(51)が静岡県警に逮捕された事件で、容疑者らが参加料として男女1組ずつ1万円を集めていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。(日刊スポーツより)

 

2人逮捕の120人乱交パーティー参加料は男女1組1万円 下は20代から、多くは40~50代 - 社会 : 日刊スポーツ

 

摘発風景(静岡放送HPより)

 

ニュースでは実名出ちゃってますけどここではいちおう伏せておきます。

 

記事によると主催者の2人はグループラインで参加者を募っていたそうです。

参加者は20代からいたものの、多くは40~50代のカップルや夫婦だったとかで、それを聞いた時点で僕は少し興味がなくなりましたw

おそらくスワッピング系の同好の士の集まりだったのでしょう。

 

上の記事では参加料が男女1組1万円となっていますが、他の報道では男性1万円、女性無料ともされており、とても良心的な料金設定だと思います。

この集まりは3~4回目だということで、これだけの人数が集まるということは評判も良かったんでしょうね。

主催者は千葉の人だということなので想像ですが、ふだんから小規模の集まりを首都圏でけっこうやっていて、主にそれに出入りしていた人たちが一堂に会した、いわば年次総会的なイベントではなかったのでしょうか。

 

注目すべき点は逮捕容疑が「公然わいせつほう助」だという点だと思います。

例えば一昨年に大阪で摘発されたパーティの場合、逮捕容疑は「売春防止法違反」でした。参加者を一般に募って開催される乱交パーティの多くは、主催者のビジネスとして成り立っているので、売春あっせん扱いになるようです。過去にパーティが摘発された例の多くはこれだった印象です。

 

自宅で「乱交パーティー」開催 容疑で男らを逮捕 大阪 - 産経ニュース

 

ちなみにこの事件も男性参加料1万5千円と良心的な金額ではあります。

主催者は営利目的ではなかったのかも知れませんが、女性にお金が渡っちゃっていますから問題になったのでしょう。

 

今回の件は営利目的ではなく完全に〝趣味の集まり〟。それで「公然わいせつ」で摘発ということになったようです。

ちなみに今回120人という大人数で、しかも知らない間柄の人もいたから「公然わいせつ」となったようで、例えば5~6人で完全に知り合い同士であれば摘発できたかどうかは微妙みたいです。

 

ちなみに今回主催者以外には2人、52歳の男性と34歳の女性が逮捕されております。

彼らは警察が踏み込んだ際に全裸で抱き合っていたとして捕まったとのことで、その他のほとんどの参加者は服を着ていたようですね。「公然わいせつ」での摘発だから捕まったわけで、この2人はとんだとばっちりかと。

参加者120人となっていますが、摘発時に会場にいた人は70人ほどで残りの人たちは泊まらずに帰ったみたいです。命びろいしましたね。

 

twitterなどを見ていると最近またパーティがさかんになっているように思えます。

最近のそういったパーティの内情はまったくわかりませんのでなんとも言えませんが、やっぱり派手にやりすぎると手が後ろに回ってしまうことになるかも知れません。

パーティじゃないけど先月も渋谷のハプバーも摘発されてますし。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村