MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

出会い系の黄昏 (4)


スポンサードリンク

 

f:id:tbrazil:20210426174320j:plain

本日もサービス、サービス。(Coyote-girls channel より)

 

 

03年の日記から悪徳出会い系サイトとの暗闘の記録。

最終回です。

 

2月22日(土)

今週は忙しかった。

しかも、某出会い系サイトに日記のコーナーがありまして。

最近そちらのほうをまめにつけてるので、結果こちらがおろそかに。

 

2月25日(火)

某無料掲示板でゲットした18歳高校生。

僕のかきこにレスしてきたくせに、

こちらが何を聞いても3文字以内の返事。

「今どこにいるの?」「……家」

「彼氏とかいるの?」「……いない」

「出会い系ってよくやるの?」「……たまに」

 

盛り上がんないなあ、嫌がらせかなあと思っていたら。

やけくそで書いた『キミってエロイの?』と書いたレスで空気が一変。

初めてメルHなるものをしてしまいました。

彼女、さっきまでの無愛想な態度はどこへやら。

「お兄さんのぶっとい×××をわたしの×××にぶちこんでぇ~」なんて平気で書いてきてるし。

でも、メールなんですよね。盛り上がってんだか、いないんだか。

ちなみに所要時間は1時間半です。TELでいいじゃん、て感じ。

もしかして、男か?

 

3月9日(日)

暇なんで、出会い系待ちだったんですけど。

見事に坊主です。昨今の援交シーンはどうなってる?

 

3月15日(土)

これも出会い系か。

僕は独身ですんで、

既婚者NGの堅めのサイトにも出入りしております。

『出入り』つうほどは行ってませんが。

で、そこで知り合ったコと会うことになり、行ってきました。

22歳。今春大学を出て就職するというコ。

もちろん干支一回転以上の歳の差です。

しかも、こちらの書き込み(真面目)に先方からレスしてきたという、奇跡。

で、何回かメールをやりとりするうちに、

先方から『会いたい』と言ってきました。

何でよ?

メルの内容から察すると、ちょっと変わったコという印象。

そりゃあそうですね、僕にメールしてくるぐらいですから。

で、かなり戦々恐々で会いに行きました。

新宿中村屋待ち合わせ、7時。

 

現れたのは普通にきれいなお嬢さん。

しかも、僕と職場は違うけど同じ会社で働くらしい。

おまけにに出身校も一緒だったりします。

結局、2軒はしごして1時ぐらいまで飲みました。

全然艶っぽい展開ではないけど。

恋の予感がしなくなくもない♩

 

3月17日(月)

一昨日のメル友にいきなり友達宣言されてます。

しょぼぉーん。

2日間浮かれていただけに。

作用が在れば反作用が働く感じで今日は鬱。

 

シークレットクラブ、ついに終了しました。

来るメールに対して、これはと思う物には即アドレス教えて直メール要求。

この姿勢を厳然と崩さずに数十人と相対しました。

しかし、直メールはゼロ。

援助希望の書き込みでさえ、頑なにサイト経由。

これはいかに昨今の出会い系が腐っているかという事実を実証…したのかなあ。

頑なになりすぎてチャンスを逃した感もなきにしもあらず。(←いやない)

もう金輪際出会い系サイトに入会することはないでしょう。

楽しかった時期もありましたが、この界隈からは卒業させていただきます。

 

こうして僕の出会い系活動は終焉を迎えました。

このあと、忘れたころに手を出しては痛い目に遭う、を繰り返してます。

それは一昨年に援デリのカモになるまで続きました。

ちなみに文中に登場する「既婚者NGの堅めのサイト」は名称は変わりましたが未だに婚活サイトとして生き残っています。

そして同サイトで会った「同じ会社の普通にきれいなお嬢さん」は、けっこうやりやりだったことが後ほど判明し、とても口惜しい思いをすることとなります。

 

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村