(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ゴーゴーバーかいわいのはなし

僕とPin-up嬢との日々。(3)突然の送金要求

イメージ画像「かわいくおねだり」 さて、たびたび送金ネタに登場してきた元Pin-upの前髪パッツン嬢ですが、LINEでのやりとりは毎日のようにずっと続いています。 前回↓ www.sergeant-gogo.com たびたび「あなたはいつタイに来るのか?」って言ってきてます…

僕とPin-Up嬢の日々(1) (書き直し)

Pin-Up('20年3月) いや、そりゃあ微々たる金額ですよ、実際。 でも、はっきり言って会ったことは一度しかないし、それほど深い仲じゃない。 それでも、「仕事がない」って言うんで毎月送金していたわけです。 それなのに彼女は「お金を受け取った」っていう…

バンコクからのLINE ~レインボー2閉店に関して~

20年3月ごろのレインボー2 バンコクのレインボー5のスタッフからLINが届きました。 何日か前、R2の閉店の話があったときに確認するためにこちらから送ったLINEの返事なので、今さら感スゴイですけど、内容をご報告します。 「1日にR2はR4に合併され…

僕とPin-Up嬢との日々。(2)

FACFBOOkより 昨日の続きです。 www.sergeant-gogo.com 引っ越し代やらバイク代やら、前髪パッツン嬢はゆるゆるとおねだりを繰り出して来ます。 そのたびに僕は微妙にかわさなければいけません。 でも、断ってもキレたり、食い下がってきたりはしないので、…

〝出会い系〟は出会えるのか タイ編(4)

イメージカットです。 「テーメーカフェ」で素敵な女性と知り合ったのはいいけど、いざフタを開けてみたら、結局はただの「チョンの間」だったよ、というお話を3回に分けてお送りしてきました。 次は、「チョンの間」とは全く逆のバージョンなんだけれども…

〝出会い系〟は出会えるのか タイ編(3)

老いから若きまで。アマチュアからするめのような老ベテランまで。 男と女の人間交差点(ヒューマンスクンブルとルビをふったつもり)「テーメー」コー ヒーショップでのお話です。 「Where are you from?」 石田ゆり子・ひかり姉妹をたして2で割ったような…

〝出会い系〟は出会えるのか タイ編(2)

出会い系の話からテーメーカフェへ話題を持ってくるというのは、 われながら少々強引な気もします。 しかし、最初は〝フツーのコがウリもやっちゃう場〟として誰しも認識してあそこに足 を踏み入れているわけで、〝出会い系〟を称しても決して的外れではない…

〝出会い系〟は出会えるのか タイ編

tinderは本稿では取り上げていません 出会い系の是非を今一度考える。 うーん、なんか壮大なタイトルがついてしまいましたけど。 要は〝出会い系〟というものを長らくやってみて、いい思いをしたことがほとんどな い、という単なる愚痴です。 いや、理論的に…

NOと言える勇気

僕は決心しました。 やはり、本心を言うべきだ──と。 中途半端に〝良い人〟を演じてもしょうがないのです。 ホントの自分は、〝いい人〟でも何でもなくて、 女のコの前で多少いい恰好をしてみたいだけの下心アリアリの醜いおっさんに過ぎません。 下心の一つ…

スワイパーの落日 (2)

初めて訪れたカンボジアは、思っていたのとかなり様子は違っていましたが、 見るものはいろいろと刺激的で、タイではなかなか味わえないワイルドライフが息づい ていました。 僕が行った頃にはだいぶ隠すようになっていたみたいですけど、 市場へ行けばマリ…

スワイパーの落日 (1)

初めてタイに行った96年ごろ、ネットで〝幻の国〟の噂を聞きました。 何でも、郊外の村が一つ丸々置屋になっており、 米ドル数ドル程度で朝から晩まで入り浸ることが可能。 しかも、マリファナやり放題だというのです。 ネットでもおおっぴらに情報が出てい…

そうきんは続くよ

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/2933947">tomokotomokotomoko</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真 それまでは1週間ほど音沙汰がなかったくせに、 ここ2~3日、妙に愛想がいいと思ったら、やはりそういう魂胆か。 最近、どうも〝前髪パッツンに女のコ〟(25歳・『Pin-up』勤務)が、盛んに何やらア プロー…

パタヤのゴーゴーを語ってみたよ

16'年10月の『G-Diary』より。16年なんでPin-upは載っていません。 こんにちは。本日はパタヤのゴーゴーについて話してみたいと思います。 ……とはいったものの、僕、全然詳しくないです。 王道のウォーキングしか、行ったことないですしね。 LKって何?み…

Scratch Dog 事件 ~男4人の不幸な暁~

「待てぇ、そこのお前!お前だよこの野郎!」 一瞬聞いただけで、ただごとではないとわかる日本語の怒声は、 あっという間に大音量のEDMにかき消されてしまいました。 真っ暗闇の中、出鱈目にフラッシュライトが光るだけのフロアでは、 周りで踊っている…

僕はレインボー3でどれだけ飲んだか

すでにないレインボー3 さて、これまであなたは何軒のゴーゴーバーを訪れていますか? ナナプラザやソイカあたりは制覇している人も多いんじゃあないでしょうか。 パッポンは〝名もなき店〟がけっこうあるから、どこからどこまで、という定義が難し いです。…

レインボー2徒然

今年3月のレインボー2 ナナプラザで00年代に遊んだことのある人は、〝誰もが一度は通り過ぎる店”が、レイ ンボー1と2ではないでしょうか。 レインボーグループへの好き嫌いは、それぞれあるとは思いますが、 好きな人も嫌いな人も、一度は足を踏み入れ…

「RedLips」ものがたり

左は「タイ買春読本」右がGダイアリーより 初めてハマったゴーゴーはナナプラザ、 「RedLips」というゴーゴーでした。 長さのないウナギの寝床、といった感じの小さな店で、 嬢が5人も立てばかなり密な感じになる小さなステージにカウンター席と一列のボッ…

ゴーゴーバーの魅力をおいちゃんが語るよ ~はじめてのゴーゴーバー~

ナナプラザ。日和ったわけじゃないです 昨日の続きです。 「ゴーゴーバーはフーゾクとしては決してコスパが良くない」と書きました。 www.sergeant-gogo.com(余談ですけど、この記事はgoogleからお叱りを受けて広告を載せてもらえませんでした。写真が原因…

初心者必見!! はじめてのゴーゴーバー

たぶんピンクパンサー タイ民間航空局(CAAT)のトラベルバブル延期発表で、8月の訪タイが不可能な状況になっております。 そんなご時勢ですが、僕的なゴーゴーバー入門ガイドなるものを書いてみました。 他の人が書いたものをみると、みなさんけっこう…

8日、パタヤの『pin-up』が再開する?

『77ホットニュース』より さて、タイの夜レポート、続報が入ったので本日はその話題を。 例によってウラはとっていない話なので、タイトルには「?」をつけさせていただいております。 昨日、『pin-up』の前髪パッツンの女のコとLINEしておりました。 …

7月1日のゴーゴーバー情報まとめ

2013年ごろのR4(左側)。この場所にR5がオープン 昨夜からタイでは規制緩和の第5フェーズとして、 一部のゴーゴーバーが再開されたようです。 ツイッターで昨夜7月1日のタイの様子をざっくり拾ってみました。 昨日の答え合わせも。 ウラなんか取れない…

レインボー1と3が閉店するらしい

2013年ごろのR3 いよいよタイでは今日からバーなどの営業が再開となります。 待ちに待った人は多いでしょう。 まあ、僕のようなビジネスマンではない在日組はまだタイに入国できないので、 指をくわえて眺めているだけしかできませんがorz しかし、タイの…

憧憬のシンガポール・ナイト(続き)

かおさん♪ シンガポールでの一夜から2か月ほどが過ぎました。 翌朝、真っ暗闇の中で目が覚めました。 シングルサイズのベッドの上にはもちろん気配はありません。 四苦八苦してようやく天井の灯りのスイッチを見つけ出します。 やはりナンは帰ったあとでした…

憧憬のシンガポール・ナイト(その1)

昔のコイバナをあるとき、ふと振り返ってみて、 思わぬ事実に気づくことってありませんか? そのときは、何も不思議に思わずにスルーしてしまったことが、 あとあと考えてみたら何か変だった……とか。 何年か経ってみて、「あれ?もしかして」なんて〝引っ掛…

続・はじめての、そうきん。

「『タイ買春読本』研究」はちょっと中断。 先週の火曜日にパタヤ『pin-up』の前髪パッツンの女のコに送金したお話の続きです。 www.sergeant-gogo.com 一度、銀行からエラーの報告がきてあたふたしてしまいましたが、 何とか再度振り込み手続きをしました。…

はじめての、そうきん。

パタヤで知り合った〝前髪パッツンのコ〟はちょいちょいLINEを送って来ます。 最初はビデオ通話をガンガンかけてきたのですが、 会話だとコミュニケーションが難しいことを学習して、メッセージのみになりました。 彼女とのいきさつについてはこちら↓ www.se…

六本木『trap』伝説 (その3)

(c)Tomo.Yun (http://www.yunphoto.net) さて、飲み友T君と足しげく通った『trap』ですが、その開店には意外な人物が関わっていました。 杉氏が著書『六本木水脈』の中で明かしています。 「『トラップ』は中江滋樹さんに保証人になってもらいました。中江さ…

六本木『trap』伝説 (その2)

草凪純ちゃん。加納瑞穂の名前でも活動 オール日本人スタッフのストリップティーズとしてオープンした『trap』は、開店直後から評判を呼んで大繁盛しました。 その顧客には芸能人も多かったようです。 「有名人では、新宿のノーパンしゃぶしゃぶに行ったこと…

六本木『trap』伝説 (その1)

イメージカットです 本日は僕が30代前半の頃、夢中になって通ったお店のお話です。 なぜ、このブログでそれにふれるのかと言うと、 今日に至る僕のゴーゴー通いのきっかけの一つという気がするからです。 その前に当時僕の職場の後輩だったT君について書かな…

ナナプラザで新型コロナ

15日午前2時、クローズ後のナナプラザ。まだ閉店している店はありませんでした 昨夜、知人から気になるLINEが入りました。 「『LOli-pop』の知り合いのコから連絡があったんだけど、ナナプラザで新型コロナの感染者が出たらしいっすよ」 画面のスクショも添…