(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

僕とPin-up嬢との日々。(4)物欲大爆発

イメージカット〝浪費家〟 元Pin-up嬢ですが、相変わらずLINEでのやりとりは続いています。 しょせんgoogle翻訳頼みなので、複雑なやりとりはできません。あいさつに毛が生えた程度のものです。 ふだんは言葉数もさほど多くはない彼女ですが、ときどき突如と…

ミスター慶応の事件簿

こちらはミス慶応。(本文とはまったく関係ありません) ※仕事で今週ボツになったネタからお届けします。 朝の大宮駅の雑踏の中、座りこんで涙を流す女性。 その様子を不審に思った通行人が声をかけると、女性が口にした言葉は耳を疑うものだった。「昨晩駅で…

吉田鋼太郎、放蕩無頼。

おっさんのワンショットはきついので。(『アジアの女』より) 俳優の吉田鋼太郎に来春子供が生まれることが明らかになり、話題になっています(そうか?)。 吉田は御年61歳、夫人は22歳下で16年に結婚しました。三船美佳が生まれたのが三船敏郎62歳のときら…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (36) ~バーガールと客の関係④恋愛的関係~

『Spaice Girls』ボッタくりちゅうい(Crazy House Facebookより) バーガールと客の関係4つのタイプ、本日紹介するのは〝恋愛的関係〟です。本書では「恋愛もしくは友愛関係」となっていますが、〝的〟が入っているので恋愛未満の友人関係もゆるく含むという…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (35) ~バーガールと客の関係③短期の愛人関係~ 

『Crazy House』(facebookより) これ、系列店のコかも。位置的に『Cockatoo』だし。 カネへの執着度と愛情の度合いから導かれるバーガールと客の関係。3つめはカネも欲しいし客を男としても興味があるという〝短期の愛人関係〟です。 【ケース18】 ポムはナ…

『夜の世界白書』に見る現在の風俗嬢プロファイル②

2018年発行『夜の世界白書』の続きです。 ①では調査に回答したキャストの人物像にかかわるデータを見ました。今回は彼女たちにどれくらい収入があるのか、なぜキャストという仕事をしているのかなどについて見ていきます。まずは月当たりの実働日数と収入か…

『夜の世界白書』に見る現在の風俗嬢プロファイル①

『夜の世界白書』は一般社団法人『GAP(Grow As people』がまとめた性風俗産業の〝キャスト〟たちの労働実態の報告書です。この2017年に行われた調査結果をもらったので、ここで簡単にまとめてみたいと思います。 一般に〝キャスト〟というとクラブやキャバな…

ジーンのはなし

今は無き『Rainbow3』(19年12月) 昨日の記事を書いていてある女のコを思い出しました。 僕が一番R3にハマっていた時期にいつも侍らせていたコです。 名前はジーン。最初に会った頃の年齢は20代前半でしょうか。実は僕は彼女に年齢を聞いたことがありません…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (34) ~バーガールと客の関係②行きずりの関係~ 

『Twister(旧Bankok Bunnies)』(facebookより) googleにおこられたので写真修正 『Twiter』ここのfacebookなかなか写真がイイです(facebookより) 【ケース17】 ジュンはソイ・カウボーイで1年前からバーガールとして働いている。店にはたくさんの友人がおり…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (33) ~バーガールと客の関係①商取引~ 

『Twister』。〝Bankok Bunnies〟って書いてありますが;; (facebookより) 前回チャート化したバーガールと客の関係について、4つのパターンを一つずつケーススタディとともに見ていきましょう。 一つめはカネに執着はあるけどそれ以外への関心は薄い、と…

小林麻耶、四面楚歌の原点

楽しそう♪ (FRIDAYより) すでにいろんなところで報じられておりますが、小林麻耶さんが大変なことになっています。 12日朝、レギュラーを務めていた『グッとラック!』のオンエアに小林の姿はなかった。その理由をさかのぼること2時間前、小林は自身のyout…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (32) ~バーガールと客の関係チャート~ 

『Straps』ここもLB専門店(Bangkok Bar Newsより) ゴゴ嬢が客との関係を長期化させていく傾向が強いのは、経済的な理由にとどまらず、相手への感情面でのプラスアルファがあるからだ、という話を以前にしました。 本書にちょいちょい登場するコーエンさんも…

ヤムのはなし

食べ物があるとご機嫌♪ (13年) ヤムは元Rainbow3のウェイターをしていたトムボーイです。 彼と知り合ったのは05年、たぶん彼は19歳ぐらい。 それまでにもRainbow3に入ったことは1、2回はあったと思いますが、まだ改装前で店の規模は閉店時の半分強ぐらい。…

あちら側とこちら側を分けてしまったものはきっと些細なことだったのだと思う。

イメージ画像。実際はもっとひどい絵面だったはず。 酔った女性にわいせつ行為を働いて逮捕された男は25歳のエリート銀行員だった。 逮捕されたのは東京都品川区のみずほ銀行行員、A(25)。警視庁によるとAは7日午前6時ごろ、JR大井町駅近くの路上で酒に酔っ…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (31) ~ゴーゴーを訪れる男性客のタイプとは~ 

『MANDARIN』絶賛休業中。(facebookより) ゴーゴーバーを訪れる男性客にはタイ在住者もいれば、初めてタイを訪れた者もいます。その目的も〝えっち〟そのものだという者もいれば、飲みに来ただけの者もいます。そうしたきわめて雑多な人種の集合体である男…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (30) ~男性客が魅せられるもの~

『Cascade』ここもLB店(facebookより) ゴゴ嬢をはじめとするバーガールたちがゴーゴーバーに魅せられるのは、そこが仕事と遊びのごっちゃになった現代的でシャレオツな魅力を持った空間だと感じているからだ、というのが前章までのお話でした。では男性客…

年の瀬 in NANA '07 ~’07年12月27日の日記より~

こ、こわい。『Temptation』(Bankok info Guideより) ↓前回です www.sergeant-gogo.com 朝:目玉焼き、ジャーマンポテト、パスタ、デニッシュ@NANAホテルの朝食ビュフェ 昼:かき揚そば他@『FUJIレストラン 夜:屋台ハンバーガー、串揚げ他、ビール多量 …

PC修理中。

『修理中』なイメージ画像です。 PCを修理にだしました。 修理っていっても本体交換らしいです。さらに言うと本体と言っても新品ではなさそう。大丈夫かな。 実はあるときから急に音声が出なくなったんです。 僕は動画はスマホで見ることが多いので「PCな…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (29) ~ゴゴ嬢は憧れの職業?(後編)~

『Spankys』(Facebookより) 地方に住む年頃のタイ人女性、とくにミーハー的な価値観を持つ人にとっては、ゴゴ嬢などのバーガールは都会的、現代的な職業に見えている、というお話。 そんな女性たちにとってはRCAに立ち並ぶクラブや巨大ディスコでの夜遊びは…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (28) ~ゴゴ嬢は憧れの職業?(前編)~

ここも閉店?『DC-10』((http://www.bangkok-infoguide.comより) 故郷を離れてバンコクで働くゴゴ嬢たちは、故郷と決別しているわけではありません。 毎月送金している者も少なからずいる(著者の見立てではゴゴ嬢の半数以上が子持ちだといいます)し、ソン…

『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (27) ~彼女は何のためにカラダを売るのか~

閉店しちゃった?『Playskool』(http://www.bangkok-infoguide.comより) 久しぶりの『経営人類学』です。 本日から第5章に入ります。6章はまとめなので実質的に最終章です。 本章は『経済外的な関心と私的な親密性』というタイトルがついております。わか…

バイアグラのんでメンズエステ行ってうっしっし

※すいません;;ブログ書くだけ書いてアップするのを忘れておりました。 11月4日にアップするはずだったブログです。 ×曜日はメンズエステの日。 そんなわけで、池袋のマックでまたとぐろをまいております。 メンエス以外のフーゾクでもいいんですけど、あ…

伊藤健太郎、再起はやはり前途多難。

『惡の華』より 29日にバイクの男女をひき逃げしたとして逮捕された俳優の伊藤健太郎(23)。容疑を認め、30日に釈放されています。湾岸署の前に集結した報道陣のフラッシュの嵐を浴びながら、事故の被害者に対しては「一生かけて償っていきたいと思っています…

『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(6) ~相手を疑わないこと、それがレンアイの掟~

帰りの空港ではいつもブルーです。(20年3月) 『愛タイ!』最終章です。バンコク滞在を終えて空港へ向かう著者。遠足の帰りはやはりブルーになるもので。 バンコクから帰国する日はいつも憂鬱な気分になる。便が早朝発のアメリカ系航空会社だったりすると、…

『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(5) ~ナナプラザ編~

ナナプラザ、行きたい…(20年3月) 『愛タイ!』です。本書で最後に紹介するスポットはナナプラザです。 先ずは情景描写から見てみましょう。 入口付近には、露出度の高いセクシーな恰好をしたストリートガールや、マッサージパーラーのポン引き、相手によっ…

『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(4) ~ソイ・カウボーイ編~

ソイカの呼び込み嬢(deep-asia-trip.comより) 『愛タイ!』レビュー、本日はソイ・カウボーイ編です。この章には「田舎娘と女子大生の登竜門」というタイトルがついています。どういうことでしょうか。 タイの事情通の間では、風俗嬢の仕事に慣れていない…

『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(3) ~タニヤ編~

『さくらドロップス』(HPより https://bkk-sakuradrops.com/) 『愛タイ!』第2章はタニヤ編です。 まずは著者によるタニヤの解説から。 1970年代以降、近隣に日本企業が多く移転してきたのをきっかけに、日本人駐在員相手の飲食店やカラオケ店が増え、いつ…

『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(2) ~テーメー編~

こんな感じですよね。( دیدئو 2019 Bangkok nightlife thermaecafe より) 『愛タイ!』最初の章はテーメー編です。本書のスタイルはルポルタージュ形式で著者が訪ねた先々で出会う日本人男性たちとのやりとりを中心に構成されています。 夜のスクンビット…

『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー ~僕たちの〝レンアイ〟事情~

双葉社 ¥1500+税 『ゴーゴーバーの経営人類学』が4章まで終わったところでキリがいいので、違う本のレビューをやろうかと思います。 今回取り上げるのは『バンコク恋愛事情 愛タイ!』07年発行の本です。 著者は青山誠氏。ライターというよりは作家ですね…

EDだけど(バイアグラ飲んで)またまたメンズエステに行ってきた♪

イメージ画像です またまたメンズエステに行ってきました。 ホントは出会い系とかやってみたいところなんですが、EDだからなあ。 上手くいかなかったときのことを考えると、やはり二の足のふんでしまいます。 その点、メンズエステだったら、何なら勃たない…