MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

どろどろ深夜ドラマレビュー(1)『ただ離婚してないだけ』『にぶんのいち夫婦』


スポンサードリンク

 

 

最近、深夜ドラマをよく見ています。

ハマってる……というのとはちょっと違うと思います。

うちのHDレコーダーには勝手にドラマを録画する機能があって、それをONにしていると勝手に録ってくるのです。それで今期は結構深夜ドラマも観させられているという。

これまで見ていなかったのでわかりませんが、深夜ドラマってけっこうな数があるんですね。ゴールデン固定枠のドラマウォッチだけでも暇でないと難しいですが、それに深夜ドラマも加わるとなかなかえらいことになります。

おそらく最近は各局有料動画サイトに力を入れているため、コンテンツを増やす意味でも本数は増えているのでしょう。

 

とくに気になったのは主に不倫モノのどろどろ系サスペンスが多いこと。

ひと昔前だと昼やゴールデン帯にもちらほら見られましたが、最近は深夜に移動しつつある傾向があるようです。識者によればコロナで世間全体が鬱傾向にあるので、ゴールデンではそういうのが求められていないとか。

いかんせん深夜なので、おそらく低予算だろうし30分番組がほとんどです。

しかし、これがなかなか独特のキャスティングだったり、どろどろ具合が凄かったり、濡れ場(もちろんTVサイズですが)なんかもあったりでなかなか見ごたえがあるんです。

そんなどろどろ深夜ドラマを何作かレビューしたいと。

ネタばれ含みます。

 

『ただ離婚してないだけ』

テレビ東京・水0

f:id:tbrazil:20210801181510j:plain

 

あらすじ

フリーライターの柿野正隆(北山宏光)と小学校教師の雪映(中村ゆり)は結婚7年目となる夫婦。お互いへの恋心はなく、関係は「ただ離婚していないだけ」。しかも、正隆には萌(萩原みのり)という不倫相手がいて──。

ちょっとした出来心・遊び心が招いた最悪の事態……いつ自分の身に起こっても不思議ではない、罪が罪を招く、史上最も恐ろしい〝衝撃の不倫サスペンス〟ここに開幕!(番組HPより)

 

見逃し配信で人気となっている話題作です。とにかく酷い話です。番組紹介では〝ちょっとした出来心・遊び心〟なんてライトに書いてありますが、北山宏光演じる主人公・正隆がとにかくクソ。そもそも大企業のオーナー社長に嫁いだ母の連れ子だった彼ですが、次期社長の座を実子である弟に奪われて世を拗ねているみたいです。

それをいいことにロクに働きもせず、新聞店アルバイトの萌を自宅のダイニングテーブルの上で犯すなどさんざん弄んだあげく、妊娠したらポイ捨て。奥さんの中村ゆりに対しても〝互いに恋心がない〟というよりは、なんとか立ち直って欲しい中村に対して北山が一方的に冷たく当たっているようにしか見えません。

正隆に冷たくされてすっかり病んだ萌はついに正隆の家に刃物を持って乗り込んだもののもみ合ううちにあやまって包丁が刺さって死んでしまう──というのが第3話のラストでした。なかなかこの先も救いのなさそうな展開です。

 

やはり特筆すべきは北山クン演じる正隆のクソっぷりでしょう。北山クンてキスマイの中では「舞祭組」ではないんですね。ルックス的には入っていてもおかしくはなさそうだなあと思ったりしてしまいますが。でも、たぶんそんな〝男前感〟がクソ男の演技を光るものにしているようにも思えます。

そして、中村ゆりの〝幸薄さ〟がさらに北山クンのクソぶりに拍車をかけます。

必死に北山クンに縋り、やがて病んでいく萌の〝都合のいい女〟ぶりもお見事です。

演技や演出はそれなりなんでしょうが、心がざわざわしてしまうドラマです。

 

↓こちらで視聴できます。

 

『にぶんのいち夫婦』

テレ東・水0:40~(放送終了)

f:id:tbrazil:20210802152214j:plain

 

比嘉愛未さんを取り上げた回でも軽く紹介しましたが、比嘉愛未主演の不倫もの。とは言っても比嘉さんは主に不倫をされる側です。する側だったほうが面白いんですがね。

それでもなかなか体当たりな演技が見られます。

 

あらすじ

結婚2年目の32歳の主婦・中山文(比嘉愛未)、イケメンで誠実な夫(竹財輝之助)とは誰もが羨む仲睦まじい夫婦……のはずだった。ある日、夫のスマホに届いた見知らぬ女からのメッセージ。しばらくセックスレスだったことも相まって文は夫への不信感を強めていく。同じコールセンターで働くイケメン大学生・樋口(坂東龍汰)の協力を得て、浮気相手がついに姿を現す──。

 

深夜ドラマとしては、ちゃんとしているというか、キワモノっぽさが少ないです。キャストがわりとよく見る人が多いというのもあるかも知れません。

ひらたく言えば退屈かも。当初、いきなりやさぐれた比嘉さんが登場するのと、竹財のうさんくさいエロさとで期待してしまうのですが、あくまで比嘉さんは夫の浮気にひたすら心を痛める役どころ。これまでの健全イメージからブレません。若いイケメンにさんざん口説かれているのに、ダンナとセックスレスなのに、ちっともよろめかないのです。W不倫の展開になれば、比嘉さん新境地だったのに残念。

ただ、そのぶん後半の山場でどんでん返しがあります。このへんは「おっ」と思わせる展開なのですが、その後がなんだかなあって感じです。このへんが深夜クオリティなのかな。

 

↓こちらでみられます

www.paravi.jp

 

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村