MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

どろどろ深夜ドラマレビュー(2)『サレタガワのブルー』『彼女のウラ世界』


スポンサードリンク

どろどろ深夜ドラマレビュー、第2回です。

 

『サレタガワのブルー』

TBS系・火1:28~

f:id:tbrazil:20210802145141j:plain

 

毎日放送制作。コミック原作でいかにもレディコミとか女性セブンとかに連載されていそうな内容です。演者に見慣れない人が多いあたり完全に昔の昼ドラテイスト。

 

あらすじ

愛妻家のイケメン夫・田川暢(犬飼貴丈)と可愛らしくて美しい妻・藍子(堀未央奈)は誰もが羨む仲の良い美男美女夫婦。しかし、実は藍子は自分が欲しいものを手に入れるためには手段を選ばないという生粋の悪女。裏では暢に嘘をついて職場の上司・森(岩岡徹)との不倫関係を楽しんでいた。信じ切っていた妻の自分への手ひどい裏切りを知ったとき、暢は森の妻・梢(高梨臨)とともに復讐を決意する。

 

とにかくわかりやすく最悪です。在宅での仕事のため、いつもいそいそと家事をして妻の帰宅を待つ犬飼クン。奥さんのためにお弁当やスイーツまで作ってあげる献身ぶりですが、妻の堀サンはそんなダンナを放り出して不倫相手とちょいちょいやりまくっています。不倫相手とナマでしてしまったため、カムフラージュに犬飼クンを誘い、犬飼クンのが役に立たないとキレたりするのです。

奥さん役の堀サンって元乃木坂なんですね。パッと見清楚系な感じが西野七瀬とダブるんですけど悪女役がハマってます。濡れ場もきっちり。会社の倉庫で不倫相手と乳繰り合うシーンなど、なかなかのエロさです。

いかにもいい人っぽい犬飼クンが妻の裏切りをなかなか信じられずにべそべそするさまもどこかS心を刺激してくれます。妻が自分を裏切っているという事実をなかなか受け容れられないとこ、けっこうイライラしますけど。

堀さんの浮気相手の俳優さんもTM西川をものすごく安くしたような雰囲気がGOOD。

こういう何のひねりもないストーリーでも、演者が新鮮な顔ぶれだと楽しめますね。

 

※同作は現時点では見逃し配信しかないようです

https://tver.jp/

 

 

 

『彼女のウラ世界』

フジ・月25

f:id:tbrazil:20210802160310j:plain

 

 

これは不倫モノではありませんが、男女間の問題を扱ったサスペンスなので取り上げてみました。どろどろです。一つの物語を男の視点、女の視点で5話ずつ、計10話の構成になっています。

 

あらすじ

西村敏郎(三浦貴大)は制作会社勤務でドラマのディレクターをしている。現在進行中のドラマの台本に納得していない女性プロデューサーと議論を交わすなど、慌ただしい毎日を送っている。敏郎は仕事への意識は高く、面白いものを作っているつもりだが、考え方は昭和のままで男尊女卑の傾向があるという自覚はない。これまでの人生はトントン拍子に進んでおり、自分には全て揃っていると思っている。そんな敏郎が3年付き合ってきた近藤明子(剛力彩芽)にプロポーズした。いや、敏郎からしてみれば、29歳の彼女に責任を感じてプロポーズをしてあげたのが本音だ。明子は家事や料理を完璧にこなし、忙しい敏郎を陰で支える慎ましやかな女性だった。しかし、プロポーズの翌日、明子は婚約指輪を残し、忽然と姿を消すのだった・・・(HP)より

 

マッチングアプリで知り合い、一緒に暮らすようになった女。地味でパッとしない、家事だけが取り柄で好きなものは近所のラーメン屋の炒飯。〝俺〟が結婚してやらなきゃしょうがないから結婚してやるはずだった女には実は裏の顔があった……。

キャストがいいです。剛力彩芽がヒロインって。オスカーが彼女をゴリ押ししてたとき以来じゃないでしょうか。

また、三浦貴大が演じる敏郎がいい味を出しています。最初は亭主関白(結婚できてないけど)を気取ったちょっと痛いやつで可愛げもあったものが、明子側の視点だとめちゃめちゃ痛くてヤバいやつだった、というのを見事に演じてます。この人、イケメンと言っていいのかどうかわからないけど、いい演者さんですよね。

何となく読めるストーリーだけど、男と女それぞれの視点で見た物語はそれぞれに楽しめます。まだ途中なんで結末はわかりませんw

 

↓こちらでみられます

 

いちおう今回は〝どろどろ〟(不倫)のくくりで紹介しましたが、まだまだ紹介したい作品はあります。機会があれば、また。

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村