(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

夏休みin NANA'07 ~'07年8月10日の日記より~(書き直し)


スポンサードリンク

 

f:id:tbrazil:20200314205829j:plain

NANAプラザ('20年3月)

 

 


 

※10日が抜けていました;;

 昼:カニ炒飯、野菜炒め@スクンビットソイ8あたりのフードコート

夜:ビール4ℓくらい、おつまみ少々

 

ナンがいっこうに起きないので僕も寝ていたら朝飯を食いそびれました。

お昼に起き出して近くの屋台村っぽいフードコートでお昼ご飯。

「全部食べられない」とナンが残したカニ炒飯も引き受けて、かなり満腹です。

「フットマッサージに行きたい」と言うので近所のマッサージに連れて行き、「もう家に帰らないでそのままお店に行くから」というので、ビリヤードをしました。その後、僕の部屋でシャワーを浴びて途中で買った服に着替え、「まだ早いけどお店に行ってご飯たべようっと」とかなんとか言いつつナンが帰って行ったのが午後5時ごろ。

 昼間をまるまる潰された格好ですが、痛くもかゆくもないんだよな、ヒマだから(笑)

いや、7,8年ぶりに王道のゴーゴー遊びをしたっぽくて、充実感です。

人によって楽しみのツボは様々だとは思うんですが、僕はやはりペイバーした女のコと一晩過ごした後がゴーゴーのキモだと思います。

次の日、別に遊びに出かけたりまではしなくても、朝、別れ際にご飯を一緒するぐらいまでを含めて“ゴーゴー”だと言いたい。遠足は家に帰るまでが遠足なんです。少し違うな。

最近はすっかりそこまで頑張る気力も体力もなくて、さぼっていましたが。

だって、飲んでるだけのほうが楽しいんだもん(笑)

 

 

少し遅めの9時過ぎ出勤。

「MANDARIN」

9:30までハッピーアワーでビールが90Bだというので入ったら、女のコドリンクは120Bでやんの。しかも、ビールも定価は150Bで高い。

とある女のコが、「お父さんが運転手をしているタクシーに、日本人が落としていった」というボーダフォンのどう見ても¥3000もしない携帯を2000Bで売りつけようとした。

 

 「RAINBOW4」

いつも通りの盛況ぶり。ベンチシートの反対側の端に座った日本人3人連れ(たぶんフツーの商売ではない)が、それぞれ女のコを侍らせたら僕のすぐ横まで迫って来たのですぐに退出。

 

「LOLIPOP」

オカマ支配は健在だけど、オカマが代わってました。前のオカマのママのときはもう少しゆるい雰囲気で、女のコの数こそ少ないけど以前は何人か可愛いコもいたのに。チーママがマンマークでペイバーを強制。

女のコがテキーラを飲むというので、面白いので飲ませていると3杯目から明らかに半分ぐらいの量に。

当分行かないでおこう。

 

で最後は「RAINBOW3」です。

うわばみおばさん・ノイが復活していて容赦ない攻撃が。昨夜の4分の一の時間もいなかったのに、お勘定は倍でした。

なんか、みんな少し怒った感じなのは気のせいでしょうか。

初めてここでペイバー→お持ち帰りを達成してしまったせいなのか。

この店にはSEXを持ち込まないように頑張ってきました。

今までの経験上、お気にをつくってしまうと面倒くさいから。それでも本日も、うっかりナンをペイバーしてますw 

 

ロングタイム満喫ですw

90年代はこの流れがけっこう当たり前だったんですど、2000年になってから、早く帰りたがる女のコが増えたり、こっちもそこまでつき合うのが面倒臭かったりでご無沙汰でした。おっさんになったからかな。

ペイバーしなくなった理由はもう一つ、R3での毎晩の飲み代がけっこうな感じなので、そこからさらにバーファイン払って、女のコのチップを払うとけっこうな金額になっちゃうから、ということもあります。

この頃はアルコール依存症気味で、家では晩酌に毎日1本いいちこを空けていたので、R3以外の店でも1~2本では済んでいないと思います。

R3でペイバーするのはどうのと、ごちゃごちゃ言ってますが、要は飲んでいるだけのほうが楽しかったんですよね。面倒も少ないし。

Hよりもアルコール。少々壊れていたのかもしれません。