MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

メンエスルポ(9)  「ちょっとだけエロ」な繁盛店


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20201104164840g:plain

『Etarnal』HPより。以前もこの画像使いました。


 

 

なんか最近メンエスネタばっかりで、すいません。

ゴーゴーに行ければなあ……。

 

待ちに待った日曜日です。実はこの日は午後に仕事が入っていたので、もしかしたら行けないかもなあと思っておりました。でも、仕事をちゃちゃっとやっつけられたので池袋へGO!

毎週メンエスのサイトと首っ引きなので、何軒か行ってみたい店リストは頭の中に出来ています。前回は熟女系の『昭和倶楽部』を攻めたので、今週は正統派の繁盛店へ行ってみたい。

子どもの頃から何事も正統派路線ではなく、裏を攻めるタイプです。ゴーゴーバーも今でこそ行きつけはレインボー系という王道になってしまっていますが、きっかけはレインボー3でした。そもそも最初にハマった店は『Redlips』だし。

そんなわけでメンエスもマイナー系で熟女店のほうが、いいことがありそうな気がして

そういう系から入ったのですが、昨年末に初めて繁盛店の『cocochi』に行ってみて正統派の洗礼を受けました。

正統派でもいくつか行きたい店候補はありましたが、今日は『Etarnal』に決めました。この店には以前にも電話をしたことがありますが、待ち時間が3時間ぐらいだったのでやめたことがあります。

 

 

幸いこの日は1時間待ちでした。そのくらいだったら全然待てます。

時間ちょうどに指定された西口のマンションへ。マンションはテナントビルみたいなつくりで1階にも部屋のドアにもちゃんと店名が出ています。違うフロアには別の有名店の名前もありました。マンションだけど店舗のような感じです。

 

インタホンを鳴らすとドアを開けて出て来たのはミルキーな感じの女のコ、Bちゃん。フツーにカワイイです。熟女系でいつも味わう衝撃とはまったく真逆の感覚です。

手の消毒、検温とあって、僕のかじかんだ手をとって部屋へ案内してくれます。

「すっごい冷た~い、外って寒いですか?」なんて優しいお言葉。

 

シャワーを浴びてうつ伏せから施術スタート。指圧はまあ、どこも同じ感じですね。

しかし、オイルに入るとメンエスの本領発揮です。オイルを塗りこむようなマッサージの指使いとフェザータッチのコントラストで一気に昂まります。がんばれリトル!

圧巻はカエル脚で通常は手だけの施術なんですが、Bちゃんのは両脚で僕の脚を挟み込んでの全身を使った施術でこれがまあ、エロいこと。

その後、4TBと局所責めが続いてアヘアヘの状態で仰向けに。

仰向けでもほぼ下半身メインの攻撃で気持ち良さを堪能させていただきました。

リトルのほうにもけっこう被弾するし、他店同様に多摩への攻撃はし放題なのだけど、竿を握ることだけは決してないんだな。

不思議なもので、竿を握っての直接攻撃がないと不思議とこちらからタッチする気もあまり起きないんです。この日はまったくこちらからお触りはしませんでした。

残念なのは仰向けは下半身のみで、頭上からのデコルテで69体勢という流れはありませんでした。

「うちはあまりエロではないんですよー」というのがBちゃんの言い分です。

いや、けっこうエロかったけど、と言うと、

「ちょっとだけエロですかね」とのこと。迂闊に触ると怒られそうなオーラがあります。メンエスを始めてまだ2か月だそうですが、なかなか熟練の技でした。

 

やっぱり正統派はドエロい事にはなかなかならなそうですね。

料金は90分¥14000と安いほうだと思います。ヌキなしでこの値段は高い、と言う人もいるでしょう。しかし、ヌキなしだからこその嬢のクオリティなんでしょう。

不思議と僕は生殺しくらいでも満足なんですw 若い頃だったらおさまりつかなそうですけど。