MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

メンエスルポ (11) リピート3回目の店


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20210213201241p:plain

『cocochi』(HPより)

 

 

先週の日曜、メンエスへ行くために池袋へ向かっていると携帯が鳴りました。

「今週進行が1日早いからさ、今日仕事なんだけど大丈夫?」

当日になってから言うか(怒)  しかし、仕事と言われればやらないわけにはいきません。おカネがなければメンエスにも行けない。

そんなわけで、泣く泣く引き返してその日は仕事をしたのでした。

 

そして、数日後。晴れて日曜のリベンジをする機会がやってきたのです。

今日はどうしようかな。まずはこれまでに行った店の出勤スケジュールをチェックすると、『cocochi』のAちゃんが出勤しているようです。前回から1か月ぶりぐらいだったよな。これは行っておこう。

我が前線基地マックから電話を入れて予約を取りました。待ち時間1時間ちょっとで入れるようです。120分¥18000也(本指名+¥2000、割引-¥2000)。

 

西口徒歩数分のいつものマンションへ。玄関でAちゃんがお出迎えしてくれます。

接触型の体温計で額の温度を測るとなんと35度。

「うわあー、外、寒かったですか?」とAちゃんの優しいお言葉。手を消毒するときも温かい手で僕のにジェルをすり込んでくれます。

 

シャワーを浴びて施術に入ります。すでにリトルのほうもクスリが効いてきてメンエスルポ的にいうところのFBK状態です。

うつ伏せの指圧からスタートです。Aちゃんの指圧は相変わらず微妙。それでも肩を押してもらうと気持ちいいので、そう言うと多めに押してくれます。

「なんか、やっぱりこのへんは固い気がしますね」

てもみんとかの人に言わせると「ガチガチですね」と言うところなので、やっぱりAちゃん、肩なんて凝ったことないんだろうなあ。

 

オイルに移るとAちゃんフェザータッチなぞ使ってきます。そんな技、持ってたっけ?

12月に最初に当たったときは始めてまだ2、3か月と言っていたので、多少は進歩もあるみたいです。

カエル脚、カエル脚を両脚で挟み込む変形タイプなどをこなして上半身へ移り仰向けです。たしか以前は4TBもあった気がしたのですが、今日はないのね。

仰向けは枕元にAちゃんが腰掛けてのデコルテから。おっぱいスタンプはけっこうなボリューム感で幸せに包まれます。パッと見貧乳(失礼)なAちゃんなんですが。

「私、密度で勝負してるんで」とのことでした。密度…ねえ。でもボリュームは十分でした。思わず頬ずりしてしまいました。

そしてお待ちかねの69体勢です。Aちゃんはお尻がキレイで立派なのでこの眺めがスゴイんです。いつもは両手を脚で固められているので手出しできないでいたのですが、この日はすり抜けてお尻に手を伸ばします。AちゃんのSKBから下着に覆われた部分へ指を這わすと、「アッ……、もう少し、外側のほうが……いいかな」とやんわりとたしなめられてしまいました。

まてよ、ってことはお尻はフリーなのか。

ここぞとばかりにオイルでぬるぬるになったAちゃんのお尻を堪能しました。

その後、いろいろあって最後は脚の間に座り込んでの両手でのSKB責め。いつものように手でリトルをつかむことはありませんが、腕で挟み込むという微妙な技で責め立てられます。気持ち良くて思わずAちゃんの顔を見ると、なんともバツが悪そうな表情をするのがたまりません。本日も絶賛生殺しにて終了したのでした。

しかし、Aちゃんとの距離は徐々に縮まっているのを感じます。

やばい、なんかAちゃん、好きになっちゃったかも知れません。