(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

『タイ買春読本』研究(その1)


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20200501114934j:plain

 

 

GW休みなんですけど、どこにも出かけられません。

DVDレビューばかりなのもアレなんで。

夏休みと言えば自由研究。夏休みじゃないけど。

でも、まあそんなわけで自由研究します。

 

テーマは『タイ買春読本』。

‘94年にデータハウスから出版された〝タイの夜の顔〟をテーマにしたルポルタージュです。

著者は「アジア性風俗研究会」とあります。

奥付を見ると4人のライターの名前がメンバーとして載っています。

 

「まえがき」にはこのように書いてあります。

 

タイ王国の夜は、楽しい。多彩で、奥が深い。

世の中は太陽が支配する昼の顔と、月が支配する夜の顔から成り立っている。ひとつの国を語る場合、昼の顔だけを語るのは、不自然ではないだろうか。夜の顔というのは、その国の文化と密接につながっているというのに──である。

 

そして、「多彩にして奥深いタイ王国の夜の顔」を、探るべく、夜の町を歩き回ったといいます。そして「傍観者とか視察者とかの居心地の良いポジション」ではなく、「買春者」として「新婚早々の者も、恋人のいる者も全員が逃げずに体験を重ねた」そうです。

 

そして、「まえがき」はこのように結ばれています。

 

(中略)人はそしるけれども、買春・売春は、男と女のひとつの邂逅である。金と酒の仲立ちだったとしても、人と人の出会いに違いはない。

タイの夜に、タイの女性にはまりかけた者もいる。早くもはまってしまった者もいる。

本書は、その真面目すぎるほどの体験取材報告書である。

 

非常に気負った感じの「まえがき」です。ジャーナリスト魂に溢れています。

テーマがテーマなだけに、あまりにくだけた感じだと怒られることに配慮したのでしょう。

 

この「まえがき」だけ読むと、ちょっと身構えてしまいますが、本文は決して堅苦しくなく、非常に楽しく読めます。

 

では、目次をかんたんにのぞいてみましょう。

Ⅰゴーゴー・バー編

・Tバックのヒップが揺れて 熱情の国際歓楽街パッポン

・初めてのハイレグに恥じらいながら 踊り子の登竜門ソイ・カウボーイ

・男たちの夢を機織る 性の遊園地ナナ・プラザ

Ⅱタニヤ(ソイ・街ジープン)編

・「抱いて」から始まった、愛の物語

 真心と出会う日本人街・タニヤ

・愛の宅急便は安全、敏速、確実

 「ナンバー・ワン」クラブ

Ⅲマッサージ・パーラー編

・50人余の泡姫から1人を選ぶ贅沢

 「ベルンダ」マッサージ・パーラー

・日本人顧客を迎え続けて十数年

「アタミ」マッサージ・パーラー

Ⅳコーヒー・ショップ編

Ⅴノーハンド・レストラン編

Ⅵチャイナ・タウン(ヤワラー)編

Ⅶ特別編 チェンマイのナイト・ライフ

・アジアの男たち御用達。川風そよぐロリータ館

「17/3」置屋

・「北方の薔薇」にブルセラの蜜の味

「チョンラダ」置屋

・いわばウブな素人娘のトレーニング・センター

「サンティ・タン」置屋

・満点の星(原文ママ)に抱かれて、チェンマイ美人と夢を見る

「サコドゥワン」置屋

ブーゲンビリアの門をくぐれば、美少女の園

「インターカフェ」置屋

・古式タイ様式のバーで知った美少年との幻想の夜

「マッチョ」ゲイ・バー

・素肌美人の可憐な泡姫

「パンドラ」マッサージ・パーラー

・七色のバブルに過ぎ去った青春が蘇る

「サユリ」マッサージ・パーラー

・その他マッサージパーラー

Ⅷ現地スーパー実用情報編

・短くて20分、長くて半日

安さに感激、バンコクエイズ検査事情

・「小さすぎる」「おおきすぎる」

賛否両論、タイのコンドーム事情

・意外に簡単‼基本利用術さえ知れば楽しさ倍増

タクシー、ホテル・ハイヤートゥクトゥク

・たったの50語でモテまくる

タイ語のセクシー会話例

「何でオレはモテないんだろう」

──と嘆き悲しむ前に

 

こんな感じです。

「これ、ヤバいんじゃなの?」って思ってしまいそうなタイトルもありますよねw

このあたり、あとで物議を醸すことになるようです。

目次だけ見るとチェンマイに関してけっこうページを割いている印象を受けますが、

ページ数にするとゴーゴー・バー編と同じぐらいです。

まあ、それでもけっこう割いていますよね。チェンマイ、いまだに行ったことないしw

 

ヤワラーなんかに触れているあたりにも時代を感じます。

あと、もう一点不思議に思うところがありますよね?

 

そう。パタヤの「パ」の字も出てこないんです。

これはなぜなのか僕には理由がわかりません。

当時、エイズが洒落にならなかったからか。

ファラン天国で日本人が行っても面白くなかったから。

(そんな記事を当時ネットで読んだ気も)

単に取材班の手が回らなかったからか。

 

明日からは各章について具体的に見ていきます。

(続く)