MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

バンコク、パタヤへの11月隔離無し渡航は実現するか


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20211015174529j:plain

(afp)

 

 

ついに隔離なしでバンコクやパタヤに行けるようになるかも知れません。

すでにニュースなどで大々的に報じられているのでご存じの方も多いかも知れませんが、タイ政府が11月1日からの外国人の隔離無し受け入れを発表しました。

 

これはプラユット首相が11日の演説で明らかにしたものです。この手のニュースではお馴染みのピパット観光スポーツ相ではないので政府の本腰ぶりがうかがえます。

内容はアメリカ、中国、ドイツ、英国、シンガポールなど政府が指定した低リスク国10か国のワクチン接種済みの人を対象に、空路入国と到着時のPCR検査を条件に隔離期間なしで入国を受け入れるというもの。

 

www.yomiuri.co.jp

 

そもそもタイ政府は10月1日にバンコクなどの都市で隔離無しでの観光客受け入れを再開する予定でしたが、タイ国内でのワクチン接種が進んでいないことを理由に延期を宣言していました。

年末年始の観光シーズンを視野に本格的に観光再開へ舵を切ったものと思われます。

 

気になるのはプラユット首相が国名を挙げたのは前述の5か国だけで、10か国の中に日本が入っているのかは明らかにされていません。

しかし、もし10か国に入っていなくても、12月1日より対象国を拡大していく予定らしいので、現状プーケット、サムイのサンドボックス対象国でもある日本は遠からずOKになるものと思われます。

どっちにせよ、タイ国内で今後順次規制が緩和され、娯楽産業の再開を目指すのは12月1日までをめどにすると発表されているので、楽しめるのは12月以降なのかも知れません。

 

しかし、未だ1日の感染者数が1万人越えという東南アジアでも随一の感染国であるタイでの観光客受け入れは時期尚早だという声もかなりあります。

また、現在入国の条件とされている保険やASQホテルの利用も廃止になるのかまでは言及されていないところも気にはなります。

さらに、ある人がブログだかツイートだかで指摘していたのですが、入国手続きだけであれだけ大混雑するスワンナプームでPCR検査なんかやったらどうなるのか、という懸念もあります。検査の結果が出るまで2時間ほど待たなければいけないわけですし。

 

ついでにもう1点心配なことを挙げると、タイ側が隔離無しになっても、日本帰国時の隔離は未だにあるということ。

各種の規制が緩和されつつある現状から、これも時間の問題とは思われますが、これがなくならない限りフツーの人のタイ行きのハードルは高いままでしょう。

 

まだまだ問題は山積みのようです。年末までには娯楽産業も復活して楽しめるようになるのか、事態の推移に注目です。

僕も年末のチケットは押さえてあるんですが、9月末に手術したばかりで向こう1年の海外渡航はNGと宣告されており、とてもブルーになっております。

ですから年末に関しては正直どっちでもいいんですけどね。

それでもバンコクやパタヤの歓楽街には早く復活して欲しいです。

引き続きこのニュースには注目していきたいと思います。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村