MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

タイ行’08夏 ′08年8月9日の日記より 「バースデー」


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20121231211314j:plain

12年12月31日の『Baccara』

 

 

 

 

朝:トースト、目玉焼き、サラダ、中華粥@ホテルの朝食ビュフェ

昼ハンバーガー、フレンチフライ、オニオンリング@バーガーキング

夜:ビール、、タイウィスキーたくさん 

 


バンコクへ戻って来ましたパタヤには24時間いなかった勘定です。

当初は2泊の予定でしたが、今夜R3のウェイトレス・Goiちゃんの誕生パーティだとのことで、わざわざキャンセルして戻って来たのです。

Goiちゃんの誕生パーティにはここ3~4年毎年参加させられています。そもそも僕がR3の人たちと仲良くなったのも、このパーティがきっかけでした。

そんなわけで、まあまあマストなイベントなんですよね。タイに来るまではすっかり失念しておりましたがw

 


たぶん営業前のまかないなんかには、ケータリングのご馳走がでたりするんですけど、そんな時間から参加してたらお金もカラダももちません。それで何度ひどい目にあったことか。

10時過ぎまではフツーにバーホッピングを。買い物ついでにソイカに行ってきました。 『Tilac』表のバービアにミストががんがん出ていて涼しげでつい入ってしまいました。改装したんですね。店のインテリアがかなりカッコ良くなっていました。中身はそんなに変わらないか。あんまり興味もないです。

『Spice Girls』一昨日は早く来過ぎてコヨーテダンスを少ししか見られなかったので。やっぱ、いいっすね。コヨーテ。今日の衣装はセーラー風に胸元が大きく開いたシャツと白のマイクロホットパンツ。個人的にはトップレスとかよりもこちらのほうが全然萌えます。

このコヨーテダンスというスタイルは6~7人という少数の女のコがステージを広く使って激しく踊るという点で、従来のタイのGOGOバーのダンスとは真逆のコンセプトを採用しているものです。

従来のスタイルだと、女のコは自分の周囲半径1mも踊るスペースがない。まあそれでも激しくやれるコはいますけど。スペースがないのに加えて大半のコはちゃんと踊ろうという意欲もないので、ちんたらした感じになる。どうせ踊らないならってことで、ステージの上に20人以上の大人数を詰め込むことで、女のコがだらけているのがバレずにかつゴージャスに見せて繁盛しているのがRAINBOWグループ(3は除く。繁盛していないので)です。たぶん。

つまり、女のコを大量投入できないお店は負けっぱなしだったわけです。とにかく少数の女のコでこれだけステージが盛り上げることができるというのはなかなかブレイクスルーなのではないかと。スタイルがフツーの女のコなら衣装とダンスの効果でかなりカッコ良く見えますし。

 


で、予定どおり10時を回ったあたりで『RAINBOW3』へ。 本日の主役であるGoiちゃんはすでに泥酔しており、働きたくないからペイバーしろと僕に迫ります。…ってか、あんた今まで働いていたんかい。

だいたい2日前も3日前もいなかったし。仕方なくこのわがままなおばさんをペイバーして閉店まで飲みました。

 

店がお開きになるといい感じになったGoiちゃんがディスコへ行きたいといいます。このへんから僕も記憶が怪しくなってます。

タクシーで行った先のディスコは看板も出てないフツーの空き家みたいな怪しげな場所で、いちおう他にも現地の若者みたいなお客もちらほらいました。

でも、さあ飲もうかというところで、なぜか音楽がストップ。

照明も明るくなってしまいました。「ポリスが来て営業中止になった」とのこと。これでお開きかと思いきや、Goiちゃんは止まりません。今度はカラオケへ行こうと。すでに僕や一緒について来たナンやジーンはへろへろで帰りたいモードなんですが、Goiちゃんは聞きません。

<p少し歩いた場所の「カラオケ」は今度こそ正真正銘の他人の家の空き部屋みたいなところです。一階と二階は確かにフツーに他人の家でした。

面子はいつのまにか10人以上に増えているし。

R3の従業員の他、Goiちゃんの友達だという知らない人多数。

見覚えがあると思った彼はさっきの「ディスコ」のDJじゃねえか。ちなみに酒代を出しているのは僕なんですけど。

 

30分も飲んだころ、また照明が急に明るくなります。また警察が来たらしい。おかげさまでようやく帰ることができました。警察様々です。

ちなみに、帰りの記憶はないです(TT)

ゴイちゃんは05年頃からの知り合いでR3の元ウェイトレスです。

推定年齢はこの当時で30代半ばぐらいでしょうか。店の制服姿だとかなり年齢不詳になるので、もっといっているかも知れません。

酔うと酒癖が悪いですが、基本的にはいろいろと世話を焼いてくれる人でした。

姉御肌で店の男性スタッフはもちろん、ナナプラの中庭でたむろしているガラの悪そうな若者たちも顎で使っていました。そんな子分たちに車を仕立てさせて、バンセンに海水浴に連れて行ってくれたこともあります。もっとも、店の営業後に出発して、翌日営業前に帰って来るという強行軍だったので、現地ではほとんど寝ていましたがw

気が強くてちょいちょい喧嘩して辞めるので、実際にR3のスタッフだった期間は短いです。一時期R2にいたこともあります。

現在、彼女は田舎のチェンマイに引っ込んでいます。「遊びに来い」と言われるのですが、エアコンがないらしいので行けずにおります。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村