(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

いっぱいヤるっていったから;『108~海馬五郎の復讐と冒険~』レビュー


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20200412183841j:plain

ネタばれありますよ

「いいね!の数だけ女を抱く」ふとしたきっかけでSNSに投稿された妻の不貞を知った主人公。離婚による財産分与でもっていかれると予想される1千万円を使い果たすため、妻のSNSについた「いいね!」の数=108人の女を抱くことで復讐することを決意する……というお話。

聞いてるだけでわくわくしますよねw 僕はたまたま予告編を見て面白そうだと思って飛びついてしまいました。

 

でも、もっとエロくておバカな感じの性の大冒険的なものを期待していたんですけど。

 

いや、たしかにローション地獄の〝女の海〟とか、相当バカなんですけどね。なんか違うんです。エロくないんですよねえ。なんだろう、このすかされた感じは。思ったほど面白くない。

 

〝一晩15万円の女〟が微妙に15万円感がないのはリアルだし、ホストに貢いでいたり、鼻を整形していたりという小ネタも面白いかったけれども。

 

どこかエロさが物足りないんです。Vシネっぽさというかロマンポルノぽさというか。

結局〝妄想オチ〟だったという顛末もいかがなものか。

 

 

 

お得感があったのは奥さん役の中山美穂の濡れ場です。ほぼ顔だけだし断片的な細かいカッとばかりなんですけど、これが一番エロかったです。

ミポリンてこういうことする人でしたっけ?

 

調べてみたら「サヨナライツカ」(10年)で話題になっていたんですね。でも、それを知らなかったのでそこだけお宝感、感じてしまいました。