(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

NANA’06冬 12月28日の日記から


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20150918215603j:plain

あいかわらず画像がゾンザイです


 

 

 

朝:朝食ビュフェ@Worraburi Skhmvit

夕:チーズバーガー@ソイ4のバーにて

夜:ビールたくさん&おつまみ少々

 

ナナプラザは何もかもが相変わらずです。

昼間プールでごろごろ読書をして、暗くなったらバーへ繰り出すという僕の行動パター

ンもそうなんだけど

、ステージでやる気なさそうに踊っている女のコたちや、

しきりに連れ出し(ペイバー)を勧める遣り手のウェイトレスたちも何もかも。

 

はしごのコースも『RAINBOW4』→『RAINBOW2』と相変わらず。

4ではいい感じの放置っぷりで、〝壁の花〟だったし、

2に行ったら行ったでピラニア系ゴーゴー嬢にがっつり捕まってます。

 

僕の印象ではなぜか2に多いです、このピラニア系。

やつらは終始、虎視眈々と獲物を狙ってフロアを回遊しており、隙のある…というより

はむしろ良心あるといったほうがよいのだけれども、そんな日本人がいたらぱくりと。

半ば無理やりコーラをおごらされ、ペイバーさせられてしまいます。

〝ピラニア〟といいつつ、まずほとんどがベッドの中では〝マグロ〟なのがミソです。

 

うっかり、コーラをおごっちゃったんだな。

軽い気持ちで。

少なくとも、1年ぐらいまえから知った顔なのに

「私、5日前からここで働いているんだけど、一度もペイバーされたことないの」と、

言い出したときには、少し「しまった」と思ったんだけど後の祭り。

彼女が踊りに行ってはずしているときに、あきらかにこちらは本当のビギナーだと思わ

れる子猫ちゃん二人組が寄って来たので、横に座らせて話していたら。

戻って来た彼女を見て、子猫ちゃんたちの表情が固まりました。

僕は見なかったけど、たぶんものすごい表情で威嚇したに違いない。

その場の空気が一変して、とても気まずい感じになっています。

 

ラニア嬢、口では

「気にしないで。彼女たちをペイバーしても問題ないのよ」なんて取り繕ってますが、子猫ちゃんたちは怯えることしきり。

あげくには「何でもう相手がいるって言ってくれなかったの?」なんて、まるで僕が悪いみたいなことになってる。

だってキミらより数分先にコーラをおごっただけだし。

フツーならば、全然もめる問題じゃあない。

しかし、結局子猫ちゃんたちはそそくさと消えてしまいました。

よっぽど怖かったみたい。

僕もとっとと出ることにしました。席を立つときにピラニア嬢が決めの一言。

「チップは?」相変わらずです。

今さら別に怒る気も。

 

気を取り直して『RAINBOW3』

ここでの大騒ぎと散財も、相変わらず。

男前の元ウェイトレス、YAMが合流してどうしても『RAINBOW1』に行きたいというので、レインボー全店制覇。

春に、チップ問題で喧嘩していたウェイトレスのGOPと仲直りしました。でも、帰り際に「チップは?」と言われて腰がぬけそうに。