MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

僕と元Pin-up嬢との日々。(7)  コロナ鬱


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20210421202859j:plain

4月17日発表の感染者数(タイランドハイパーリンクより)

 

 

先月の初めころには「4月からパタヤで働く」と言っていた元Pin-up嬢ですが、いまだにコンケーンの実家にいるみたいです。詳しい事情は聞いていませんが、またタイでもコロナがひどくなってきたからなんでしょう。実際、店もやってないですし。

LINEでのやりとりは相変わらずしていますが、ほとんど挨拶程度。たまにそれ以上やりとりできる機会があると、愚痴っぽくなります。かなりストレス溜まっていそうです。

 

先日、夜にLINEをしてみると、具合を悪くして寝ていたようです。

 

f:id:tbrazil:20210421201153p:plain

 

日本語が怪しいのはgoogle先生のせいですねw

お腹が痛いのは辛い物を食べ過ぎたせいかも、と言いつつ、溢れるコロナのニュースに鬱になっている様子が見てとれます。

仕事がないのか、子供の世話をしなければいけないからか、働かずに家に閉じこもっているようで、かなりストレスが溜まっている感じです。

 

f:id:tbrazil:20210421201540p:plain

 

話を聞いていると、さらに彼女を鬱にしている原因が判明しました。

どうもそれは父親のようなのです。

 

f:id:tbrazil:20210421201746p:plain

 

どうも「コロナが恐いから仕事に行かない」と言って働かずに家にいるようなのです。

子どもか。

この家族はどうやって食べているのでしょう。お母さんが働いているのか?

いちおう僕も毎月お金を送ってはいますが、少なくとも一家6人が食べていけるような額ではありません。

そりゃあ鬱にもなるわな。

黙って彼女の話を聞いていると、だんだん止まらなくなってきます。

こちらが何か言う前にバンバンメッセージが入ります。

 

f:id:tbrazil:20210421202247p:plain

 

かなり絶望的になってますね。

最近では携帯が壊れた話も出ないしなあ。まだ何かねだってくる間は元気なんですね。

何もできませんが、早く良くなって欲しいものです。

 

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村<