MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Gダイ〝最強マップ〟でひもとくナナプラザの歴史(1) 2000年まで


スポンサードリンク

 

f:id:tbrazil:20200506113904j:plain

『タイ買春読本』より

 

 

タイに行けなくてゴーゴーネタが枯渇しております。

メンエスとかP活で一生懸命つないでいますが、ちょっとはタイっぽいテーマもないと。

どうにかネタにならないかと、少し前から『G-DIARY』を収集してます。

でも、なかなかネタにならないですねえ、読むのは楽しいですけど。

そんな中からひねり出してみた企画です。Gダイの名物コーナー『ゴーゴーバー最強マップ』で各スポットの歴史を見てみようかと。

でも、トップはいきなりGダイではありませんがw

 

wikiによると、ナナプラザが出来たのは1970年代の後期だそうです。最初はショッピングセンターだったのだとか。

その後、80年代初頭に初めてゴーゴーバーができ、80年代半ばまでにはおおむね商店やレストランにとって代わったそうです。それはこの地域に観光客向けのホテルが次々とオープンしていったのと時期を同じくしています。

 

僕が持っている地図で一番古いのは『タイ買春読本』に掲載されているものです。

『タイ買春読本』は94年の発行なので、その少し前の様子だと思われます。

完全に手書きのざっくりしたやつですね。3階部分は省略されています。

現在はバービアで埋め尽くされている中庭部分が駐車場だったり、1階の左奥部分に飲食店が並んでいたりと現在とはかなり違っている印象です。

1階の空白部分は空き家だったのでしょうか。だとすれば、今よりもかなり寂しい雰囲気だったと思われます。

〝Hollywood〟系らしき店名はすでにありますが、〝Rainbow〟系は見当たりません。

あと馴染みのある店名といえば1階の『Lolipop』2階では『Sexynight』『DⅭ-10』『Casabova』ぐらいでしょうか。歴史を感じます。

 

次に古いのが『ゴーゴーバーの経営人類学』に掲載の図なんですが、僕が持っているGダイの最も古いものも同時期となります。内容はほぼ同じなのでGダイのものを掲載します。

 

f:id:tbrazil:20210522201727j:plain

『G-DAIARY 00年12月号』より

一気に現在のナナプラザに近づきました。とくに1階は多くの方にとって馴染んだレイアウトなのではないでしょうか。

僕が初めてナナプラザに行ったのは95年ごろだと思いますが、特に1階の様子はこちらの地図のほうが近いイメージです。僕の中では最初からレインボーは1も2もあって、すでに繁盛店でした。

とすれば、ナナプラザは94~95年頃に一気にゴーゴーバーコンプレックスとして発展したのではないかと思われます。

 

ちなみに3階に〝女子寮〟とあるのはお店ではなく、本当にCrownグループの従業員寮があったようです。

その他、ホテルが3軒も入っているあたり、まだまだ〝余白〟は多いと言えます。

(続く)

 

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村