MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

戸田恵梨香&水川あさみが女性誌の記事にブチ切れた件


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20211028154540j:plain

こういう仲良しインスタが削除されたのが〝不仲説〟の根拠(週女primeより)

 

 

戸田恵梨香と水川あさみが一部週刊誌の報道に対して〝反論〟したことが話題になっています。これは27日に2人のインスタグラムに投稿されたもの。

戸田は真っ黒けのバックに白抜きの文字で「どれだけの人を巻き込んだら気が済むのだろう」「どれだけの人を傷つけたら気が済むのだろう」「どれだけ物語を広げるのだろう」「どんな写真を撮ったら満足するのだろう」「嘘をつき続けて苦しくはありませんか?」「あなたの心が心配です」と続く特定の報道というよりは芸能ゴシップのメディアすべてを痛烈に批判する内容でした。

水川はインスタのストーリーズで戸田の投稿をひいて「芸能人が嘘をつくと怒られるのに週刊誌が嘘をつくと怒られないのはなぜですか?」と始まり「これが私たちのメッセージです」と結んでいます。やはり、特定の記事へというよりはゴシップメディアすべてを想定しているかのようなメッセージ。投稿されたのがほぼ同じ時刻と思われることから、2人で示し合わせて投稿したものと思われます。

 

戸田のインスタ

https://www.instagram.com/p/CVg6bmPBMCM/

水川のインスタ

https://www.instagram.com/p/CVg6PlGJFAh/?hl=ja

 

この原因になったと思われるのが週刊女性に掲載された記事です。web版は25日にアップされていたようです。

www.jprime.jp

 

記事の内容は、

①最近戸田恵梨香が立て続けにドラマなどを降板している→②どうも精神的に不安定なようだ→③プライベートでは以前仲が良かった水川あさみと不仲だという→④昨年5月に父親を亡くしたこともショックだったようだ→⑤そんな〝心の空白〟を埋めるべく昨年から今年にかけて仕事を詰め込んでいた、というもの。

まあ、コメントしている人(医師を除く)の怪しさといい、強めのタイトルのわりにどことなくふわっとした内容といい、ごくごくフツーの週刊誌の記事です。

これのいったいどこにブチ切れたのでしょうか。それとも、これまで溜まっていたものが一気に噴き出してしまったのか。

ともかく当該の女性誌だけでなく、文春、写真誌、ネットニュース含めた全ゴシップメディアに対して怒りを爆発させたわけです。

それこそ不安定なんじゃないの?とか言いたいところです。でも言ったらきっとものすごく怒られますよね。

 

以前、書きましたが戸田ねえさんて撮られることを全く気にせずに大胆に振舞うことで有名だった人です。堂々としていたけどホントはすごく我慢していたってことなんでしょうか。

 

↓詳しくはこちら。

www.sergeant-gogo.com

 

いずれにせよ、僕はいちおう卒業した身ではありますが、身に覚えはあるしブログではありますが、今もこうやって適当とも言われかねない憶測を書き散らしていますので、お二人のこの言葉はとても耳に痛いです。

最近、このような発言をする芸能人は増えており、現場のパパラッチたちは日に日に肩身が狭くなったおります。やはり、このあたり時代の流れと言うべきなのでしょうか。

 

ただし、時代の流れが変わったからといって芸能ゴシップがなくなってしまうかといえば、そうは思いません。やはり、有名人の一挙手一投足は皆さんの関心事。

芸能人が「傷つく」と悲鳴をあげたからといって、そのニーズが全くなくなるとは思えないのです。

 

また、一つ覚えておいていただきたいのは、事務所は100%タレントや自身にとってプラスになること以外は発表することはない、ということです。黙って事務所の意向に沿うことだけを報じるということは、広告をしてやっているのと何ら変わりありません。

だからといって、私生活を追い回していいのかというと、そんなことはないと思います。ええ。それが悪いのは分かってます。

 

でも、現場はどんどんやりづらくなるんだろうなあ。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村