MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よるのたび トラブゾンナイト(8)よりどりみどり?


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20211109155603j:plain

酔いどれマネージャー(右)。左の女性は誰だか忘れました。

 

 

二度にわたる女たちの襲撃に耐えました。

しかし、決して迷惑なわけではなく、この状況を少し楽しんでいる自分がいます。

(もうちょっとマシなのがいればなあ……。でも、全員の顔を知っているわけじゃないから、もしかしたら美人もいるのかも知れない)

さっき唱えた「売り込みに来るやつ売れ残り説」を忘れていますw

すると再び、いや三たび……。

 

ガン!ガン!ガン!ガン!ガン!

またまた親のカタキみたいにドアが叩かれます。

普通にノックするって出来ないのか、こいつらは。

ドアを開けると、今度は酔っ払いマネージャーを中心に先ほどの三人組、 さらにウズベク静香と昨日の夜のでかいおばさんもいる。

マネージャーはなぜかおどおどしております。

酔っ払いマネージャー、今日は酔っ払ってないらしい。

「女は欲しくないか?」

ソバージュおばさんにせっつかれて、おずおずと切り出すマネージャー。

どうやら通訳としてかり出されて来たようです。

(言葉が通じないから売れないと思っているのかな、この人たち)

だとすれば大間違いですが。

「いくら?」

いちおう聞くだけ聞いてみます。

「20ミリオンで一発、30ミリオンで30分、50ミリオンで1時間」

ええと。1.5ミリオンが1USドルだから……。

でも、30ミリオンで30分ってのは結構微妙だよね。 どう考えても2回は無理だし。

サービスがちょっと濃厚ってことかな?  1時間で2回ってのもけっこうキツいゾ。でも、ショート&ロングで言えばみんなショートってことなんだろうなあ。

そして冷静に考えるとこの面子でこの値段は、タイよりもだいぶコスパがよろしくないです。そう考えると買うのは馬鹿らしいけれども。

 

「どの女にする?」

よりどりみどりだぜ、ってな感じで酔いどれマネージャーは女達を一人一人指さしてみせます。いや、全然よりどりじゃあないんだけど。

しかし、そこまで言われると引き下がるわけにはいきません。

20ミリオンって、宿代より高いけど、それはどこでもそうだ。『娼婦の値段の相場は、その国のスーツの値段に等しい』 これは『深夜特急』の中にあった言葉だったか。

そういえば、昼間、洋服屋で買った皮ジャケットは22ミリオンだったなあ。

「そのコがいい」

 僕が指さしたのはもちろん静香です。

えっ、私?でも昨日断ったじゃん、てな感じで、安っぽいGジャンにワカメちゃんカットの 静香の表情に最初は驚き、そして嬉しさが滲んでいきます。

すっかりニコニコの静香。

なんか、いいなあ。 もしかして、いま心が通っちゃった?。

僕的にもちょっと嬉しい。 衆人環視の中、告白した気分ですから。まあ、告白っちゃあ告白なんですが。

ちっ。やっぱりウズベクかよ、わざわざマネージャーまで連れてきたのに。 みたいな空気でみんなが散会しかけたその時。

「×××××!」 誰かが小さく叫びました。

同時に全員の顔に緊張が走ったのです。

(続く)

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村