MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

バンコクからの便りⅢ


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20200314220641j:plain

この景色がまた見られる日がくるのでしょうか(20年3月)

 

 

いつもやりとりしている仲良しのRAINBOWのママからLINEで近況が送られてきました。

昨年末の時点では地元のノンタブリーで働いていた彼女ですが、先月にバンコクに戻って来たようです。

しかし、もうRAINBOWでは働いていないようです。どうも事情があるようで。

 

こんにちはゴーゴーどうですか? あなたは元気だと聞いてうれしいです。

私は現在sukhuvitsoi7のビアバーの仕事をしています。新しい上司は日本人男性です。

ナナではレインボーのボスが替わりました。新しいボスは韓国人です。

古いボスはもういません。私とスタッフは一緒に仕事をしたくありませんが、彼はレインボーという名前を使用しています。

ナナは相変わらずドリンクとおしゃべりのビアバーでダンスはありません。

3月の初めにも、新しい仕事に変更があるかもしれません。私は混乱しています。

日本人の上司は私とスタッフにとても親切です。しかし、私はすでに連絡したNANAに戻りたいです。
あなたと会ってからどれくらい経ちますか?私の人生は大きく変わりました。会った昔の話はまだ懐かしいです。会えるのを楽しみにしています。

 

彼女が言う〝古いボス〟は中華系のタイ人でコロナ前はR1とR3を仕切っていました。

旧R2とR4も含めて僕はRAINBOWは家族経営だと勝手に思っていました。本当にそうなのかどうかはわかりません。

でも、そのボスが替わったということは、もしかするとオーナーが替わった可能性もあります。コロナになってからは店を減らしてR4とR5にしていたし、台所事情はけっこう苦しかったのかも知れません。まあ、わかりませんけど。

 

文面から察するにスタッフまるごとクビになった感じですね。

まあ、バービア営業だとゴゴ嬢がウェイトレスになるわけで、元ウェイトレスのおばさんたちは必要ないでしょう。

 

「3月に変更がある」のが現在彼女が勤めているバービアなのか、ナナプラザなのかこの文面からはわかりません。でも、どっちにせよ僕が再びナナプラザを訪れるときには以前とは全く違った場所に変わってしまっているのは間違いなさそうです……。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村