MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

RAINBOW3ものがたり(44)激戦のゴーゴー


スポンサードリンク

f:id:tbrazil:20220410190121j:plain

『Pin-Up』(facebookより)

 

 

 

ナンを送り出したあと、ずっと部屋にこもってPⅭをいじったりベッドで寝っ転がって本を読んだり、そのまま寝こけてしまったりして時間を潰しました。

 

ナナプラザへ出撃は20時ごろです。

この時間に行ってもほとんどの店はまだゴゴ嬢が揃っていなくて盛り上がってないことこのうえないのですが、これ以上部屋にいるのも苦痛だし、他に出かけるところもないし。

 

こういうとき、連れがいればどこかへご飯を食べに行けるんですけどね。

わざわざ一人で食べに出るのもおっくうだし、何よりも酒は空きっ腹で飲むのが旨いので、たいてい夕飯は食べずにゴーゴーへ直行します。

 

この日もレインボーのはしごです。

1軒目はR4に来ました。ここはこの時間でもそこそこの数のゴゴ嬢が踊っています。

しかし、現在ナナ、いやバンコクでもトップクラスの人気店だけあって、こんな時間でも客はけっこう入っています。…ってか、逆にこの時間から勝負なのかも知れません。

 

ネットの掲示板などの情報では、早い時間に行っていいコをつかまえないと、あっという間に売り切れてしまうようなことが書いてありました。本当かどうか知らんけど。

またレインボー系の売れっ子の中には日本人が押し寄せる繁忙期に入る前から期間いっぱい買い占められて旅行などに連れて行かれているコもいると聞きます。

つまり、早い時間から頑張って待っていても、ハナから貸し切りのお金持ちには負けているわけです。

 

まあ、あくまで聞いた話で実際にそういう事例を目の当たりにしたわけではないので、しばらく様子をウォッチしてみることにしました。どうせ暇だし。

 

僕が入店した時点でも十名ほどのゴゴ嬢が踊っていましたが、21時ごろになるとゴゴ嬢たちが三々五々出勤してきました。ステージ上のゴゴ嬢の数も少しずつ増えていきました。

 

最初に踊っていたコたちは、中には悪くないコもいましたが積極的にペイバーしたいかというとそこまでの感じではありませんでした。しかし、数が揃ってくるとさすがR4だけあってなかなか可愛いコもちらほら目につきはじめます。

 

今ちょうどステージの僕の席がある反対側で踊っているコ。後ろ姿しか見えないんですけど、かなりなプロポーションです。丸くて上を向いたお尻、背もけっこう高くで周りのコたちから頭一つ抜けています。

タイで僕ごのみのスタイルのいい女のコを見たら10人中8人はLBだということを最近ようやく学習してきましたが、レインボーだからLBってことはないはず。

 

でも顔が見えないんだよなあ……。こっちのほうに来てくれないかなあ。

顔が見えるチャンスをじりじりと待っているうちに他の客に呼ばれてしまったようです。ウェイトレスに何か耳打ちされた彼女は小さくワイをしてステージを降りてしまいました。

そのときようやく彼女の顔が見えたのですが、宇多田ヒカル系。全然イケます。

 

正直ペイバーする気はあまりありませんでしたが、他人に目の前で持っていかれてしまうと、なんだか悔しいです。

口惜しがっている間にも、ステージ上の少し目立つコはバンバン指名されてステージを降りていきます。そんなに可愛くないコまで、つられて指名されています。

 

まだ22時になっていないんだけどなあ。このペースだとあと1時間もしないうちにフツー以上のコは売り切れてしまいかねない勢いです。

うーん、こりゃあ無理だなあ。こんな感じで即決する判断力はないです。

 

僕の場合、まずスタイル、そして顔をチェックします。それで気に入ったコがいればどんな感じで踊っているか、周りの同僚たちとどんな感じでやりとりをしているか、客に愛想を振りまいているか否か等々でなんとなく性格を想像するのです。

 

まあ、そんなふうにああでもないこうでもないと考えつつビールを飲むのが楽しい、ということもありますが、基本的にはマグロやちょんの間で逃走するやつを回避するためです。

実際それで回避できているかというとそんなことはまったくありませんけどw

 

それでも即決するのは嫌なので、ずっと指をくわえて見ているだけになってしまうわけですね。

まあ、僕にとって人気店は見ているだけがいいみたいです。

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村