MENU

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

RAINBOW3ものがたり(50)両手いっぱいのお土産をもって


スポンサードリンク

『Pink Panther』1年前から更新がありません(twitterより)

 

 

 

年が明けて08年のGW休みの訪タイです。

朝に成田発の中華航空だったのですが、トランジットが台北に着いてみないとわからないという謎のシステムでした。台北のカウンターで乗り換え便が19時半発のオランダ航空便であることが判明、7時間ほど時間を潰したのでバンコク着は22時ごろでした。

 

まあ、それでも1晩めから飲みに行けるのは嬉しいです。

今回もお土産を抱えてR3へ直行です。本当はR3へ行くのは最後にしたいのですが(一度行ってしまうと他の店を回ることがいろいろ無理なため)、お土産がかなりの量になってしまっているので持ったままあちこち歩くわけにはいかないのです。

今回はいろんな人がいろんなことを言うので手提げの大きな紙袋2つぶんになってしまっております。

 

内容はというとビッグファットママには前回と同じく芋焼酎のボトル。とりあえずママには度数高めの酒を与えておけば大丈夫なことがわかりましたので。

 

ミスレジスターからは「キモノ」というリクエストをもらっていました。よく空港のお土産店で売ってるペラッペラの浴衣であれば、安いしかさばらないし買いに行く手間も省けたのですが、そんなモノをあげるのもナニかなあと思ったのでこれは少し気合を入れました。

下町の着物屋で買ってきた浴衣セットです。下着や帯、草履などの小物もついたちゃんとしたものです。でもこれ、彼女は着れるんだろうか。無理な気がしますw

 

ノイにはカップみそ汁を数個。絶対フジスーパーとかで売ってると思いますが。

 

その他大勢の人たち用には80個ほど入ったチョコレートの詰め合わせを。これ、大したブランドのものではないので3000円ぐらいです。ジャイアンが一人占めしないようにゴイには別に空港で買ったロイズのチョコを。ナンへのお土産もそれで済ませました。

 

あと「サクラの花の香水がほしい」と言っていたゴゴ嬢がいて、アメ横の香水屋で聞いたら鼻で笑われてしまったので却下です(でも今ググってみたらあるんですね)。

 

今回もお土産は好評だったようです。よかったよかった。

そして初日のお約束として、いろんな人に飲ませて自分も飲んで、なかなかごついお会計となりました。毎回、最高値記録を出すのって初日なんですよね。

 

「ご飯を食べに行こう」とミスレジスターが言うので閉店後、5~6人引き連れて近くの屋台へ。

 

ミスレジスターいわく「スキヤキ」なんだそうで、路上にゴザをひいて車座に座らされた中央に七輪みたいなものを置かれてその上に土鍋がのります。

その中に溶き卵にくぐらせた肉や野菜を投入していくんですが、まあタイスキですよね。小鉢に入れたたれをつけて食べるとおいしいです。

 

それにしても、ただでさえ暑いところに炭火をガンガン焚いて鍋物を食っているので、ちょっとしたガマン大会みたいなことになっています。とにかく暑くて汗がだらだら出るので食べるどころではありませんでした。

 

帰り際にミスレジスターが「ナンを連れて帰ってあげて」と言うのでそのままナンをお持ち帰りしました。閉店後なのでもちろんペイバー代はなしです。

 

しかし、どうしてみんな僕にナンを連れて帰らさせたがるのだろう?

 

 

↓ぽちっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村